LinkedIn調査:企業が求めるスキル【トップ10ランキング】


まとめ
「LinkedIn」が企業が必要とする能力を調査し、専門知識や技術的な能力を指すハードスキルのうちブロックチェーンが1位だった。また、クラウドコンピューティングやAIなどがトップ10にランクインしている。これは金融だけでなく、輸送やヘルスケアなど様々な分野でも利用が拡大しているためと考えられる。

2020年、ブロックチェーン・スキルはAIよりも需要が高い。ビジネス向けSNS「LinkedIn」が、企業が要する能力(ソフトスキルとハードスキル)を調査し、ブログで発表した。記事によると、ブロックチェーンがハードスキルの1位であり、以下、クラウドコンピューティングやAI(人工知能)等がトップ10にランクインしている。

IBM・アマゾン等がビジネス化を促進

同調査では、最高給与水準で雇われるリンクトインの使用者がプロフィールに記載しているスキルを調べた。対象は10万人を超える利用者がいる都市だけで、供給に対して需要が高いスキルを測った。

専門知識や技術的な能力を意味するハードスキルと、各自の振舞や考え方、特徴を意味するソフトスキルについて調査。ブロックチェーンがハードスキルで第1位となった。

同記事は、ブロックチェーンが輸送・ヘルスケア・農業・食料安全・エンターテインメント・ゲームの分野で使用されていると記載し、世界的な企業であるIBMJPモルガン・チェースマイクロソフトアマゾン等でビジネスになってきていると指示。地域別では、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・オーストラリアで最も高いニーズを誇っている。

ハードスキルのトップ10・ソフトスキルのトップ5は以下の通り

ハードスキルにはアフィリエイト・営業がランクイン

  1. ブロックチェーン
  2. クラウドコンピューティング
  3. 分析的推論(アナリティカル・リーズニング)
  4. AI
  5. UXデザイン
  6. ビジネス分析
  7. アフィリエイト・マーケティング
  8. 営業
  9. サイエンティフィック・コンピューティング
  10. 動画制作

ソフトスキルにはコラボレーション・順応性など

  1. クリエイティビティ
  2. 説得
  3. コラボレーション
  4. 順応性
  5. エモーショナルインテリジェンス(EI、感情的知性)

2019年の調査では、ブロックチェーンはトップ10にすら入っていなかった。2019年のトップ5は、クラウドコンピューティング・AI・分析的推論・人的管理・UXデザインであった。

Previous Decredソーヤ氏:アフリカの政府的未来をブロックチェーンが負う
Next モネリアム:アルゴランドと連携で電子マネーを発行か