AB InBev:BanQuと連携し、アフリカ農家が銀行口座を開設できるようにサポート


まとめ
バドワイザーのAB InBevはブロックチェーンを活用しBanQuと連携しアフリカ農家のサプライヤーを追跡することにより、地元農家らの収入を証明し、銀行口座を開設できるようにする。現在、アフリカでは銀行インフラが依然未開発な状態で田舎の農家が紙書類を取得するのが困難な状態である。

1月21日、ビールのバドワイザーなどを展開するAB InBevは、ブロックチェーンを活用しアフリカの農家を支援することを米ヤフーファイナンスが報じた。BanQuと連携することで現地サプライヤーを追跡することが可能になる。さらに地元農家らの収入を証明し、銀行口座を開設できるようにするという。BanQuはブロックチェーンのサプライチェーンソリューションに特化した会社だ。

同国経済に貢献することで税制優遇措置を受けることができるのがこの仕組みの特徴となっている。しかし現状としては、銀行インフラが依然未開発な状態であり、紙書類を田舎の農家が取得するのは難しいという。

ダボスで開催された世界経済フォーラムで、AB InBevのカルロス・ブリトCEOは「以前は銀行口座を持ったことがないこの農家は紙書類も何も報告できず、いかなる収入も証明できずにいた。しかし今、農家には携帯電話があり、グローバル企業AB InBevのサプライヤーだとするブロックチェーン証明がある」述べている。

農家らは銀行口座を持つことで新しく効率の良い農具購入に向けた資金調達なども可能になるという。ブリト氏は以下のようにも述べた。

「彼らは商業農家となりみんなが利益を獲得する。消費者らはより安全にさらなる雇用を創設することができるようになる。さらに政府も税金を収集が容易になるだろう。」

 

AB InBevの関連記事はこちら

1億人を貧困から救うBaaSスタートアップに、世界最大のビール会社を所有するABインベブが出資

Previous 中国・北京:初めて規制のサンドボックス取り入れる/フィンテック6プロジェクトを選択
Next インド:通信IT大臣が公立学校の質の改善のためのブロックチェーンソリューションの開発を求める