BIS Research:IoTチップ市場規模が386億ドルに上る見込みを発表


BIS Research (PRNewsfoto/BIS Research)

まとめ
米国の調査会社BIS ResearchはIoTチップ市場規模は2029年までに386億ドルに上る見込みを発表した。市場拡大の要因はブロックチェーン、AIなど様々な分野での需要増加によるもの。IoTとブロックチェーンの連携は大規模なネットワークを構築するため、コスト的に難しい。今後の展開は低価格化がネックとなる。

1月15日、米国の調査会社BIS ResearchはIoTチップのグローバル市場分析結果を明らかにした。同社は2019年にIoT市場規模は世界全体で94億ドルであったことを報告した。今後10年間の年平均成長率は15.18%となることを予測し、2029年にIoTチップの市場規模は386億ドルに上ると予測している。

IoTチップ市場拡大の要因は、デバイスに対する世界的な需要増加であると推測されている。IoTデバイスはブロックチェーン・AI・ヘルスケア・自動車など、先端技術と既存技術の双方で広く注目されている。各分野での研究が進むことにより、加速度的な需要の拡大が見込まれる。

ブロックチェーン分野では、IoTデバイス1つ1つにノードの役割を与え、分散型のネットワーク構築といった構想がある。しかし、現行のIoTチップは決して安くはない。特にノードを継続的に稼働させられるだけの性能を持つIoTデバイスとなると、チップ以外のコストも含めてその傾向は極めて顕著であると言える。

現状、IoTとブロックチェーンの連携で大規模なネットワークを構築するということがコスト的に厳しい状況にある。だが、今後IoTチップ市場の成長に伴い、サプライヤーの価格競争でIoTデバイスの低価格化が見込まれている。分散型のネットワークという意味においてブロックチェーンとIoTの概念は重なるため、コスト問題さえ解決することができれば、研究はより良いものとなるのではないだろうか。

 

BIS Researchの関連記事はこちらから

エネルギー分野:ブロックチェーン市場が急成長

Previous 職歴BANK:「逆募集」の機能を追加
Next 中東UAE:ブロックチェーンで30億ドルを上回る節約/総合的に取り入れるホワイトペーパーを公開