職歴BANK:「逆募集」の機能を追加


まとめ
ブロックチェーン技術を活用する人材マッチング「職歴BANK」は求職者側が自分がやりたい仕事や職務経歴を公開し企業に売り込みができる「逆募集」の機能を追加した。求職者が発信する情報はブロックチェーンにより信憑性と真正性が担保される。

1月16日、ブロックチェーン特化型コワーキングスペースHashHubを利用するSKILL社は、同社が提供する人材マッチングサービス「職歴BANK」に、SNSに自分がやりたい仕事や職務経歴を公開して副業募集や企業への売り込みができる新たな機能を追加したことを明らかにした。この機能は「逆募集」と呼ばれている。

職歴BANKの新機能である逆募集は、求職者が自らやりたい仕事を募集要項にまとめ、発信することを可能にしている。これらの情報を見た企業は、求職者に対してオファーすることできる。発信情報には、求職者の職務経歴情報を追加することができ、情報は職歴BANKのブロックチェーンより信憑性・真正性が担保されることとなった。

職歴BANKは、利用者アカウント・職歴情報・リファレンス情報の真正性の検証にブロックチェーンを活用し、改ざんされていないことを保証している。リファレンス情報は、利用者が自己申告した情報に対し、第三者によって正しさの証明が行われた情報のことを指している。プロジェクト単位でリファレンスを取得するための職歴管理ツールとしても利用が可能になっている。

今までは採用候補者のリファレンスチェックは企業が担当していた。しかし職歴BANKがこれを機能として提供することにより、採用コスト削減とミスマッチの防止を削減できるという。企業は採用候補者のリファレンススコアに基づいてオファーを行うことが可能となり、ユーザーにはオファーを受けるごとにリファレンス状況に応じて独自ポイントが付与される。またそれらで獲得したポイントはAmazonギフト券に交換できるという流れになっている。

Previous 米プロバスケNBA、サクラメント・キングス:ブロックチェーンでライブオークション実行
Next BIS Research:IoTチップ市場規模が386億ドルに上る見込みを発表