米プロバスケNBA、サクラメント・キングス:ブロックチェーンでライブオークション実行


まとめ
米プロバスケNBAのサクラメント・キングス氏はファン向けに新たなライブオークションをブロックチェーン開発企業コンセンシスと連携して行う。オークションには選手が実際に使ったユニフォームなどが出展される。オークションはチャリティーを支援しており、今回はバハマのハリケーン被災者支援に向けたものとなる。

1月15日、米プロバスケットボールNBAのサクラメント・キングスは、新しいライブオークションをファンに対して実行することを公表発表した。ブロックチェーン開発企業コンセンシスと共同でプラットフォームを公開する。オークションの対象は、実際に選手が使用した使ったユニフォームなどだ。

同アプリ「Kings + Golden 1 Center(キングス+ゴールデン1センター)」では、プレミアムランクのコレクション「Game worn(ゲームウォーン)」アイテムが出品される。最初のアイテムは、バディ・ヒールド選手のジャージの予定であり、同オークションによって様々なチャリティをサポートする計画だ。今回はバハマのハリケーン被災者支援に対してのものとなる。

キングスのライアン・モントーヤCTOは、「私たちは、私たちの事業でブロックチェーン技術を多数のプラットフォームに組み合わせた。近頃、私たちのファンは革新的なブロックチェーンベースのソリューションを用いて、リアルタイムで本物のゲームウォーン商品を安全に調達できる機会を有している」と述べた。

サクラメント・キングスは、2014年にビットコイン決済をファンに対してのグッズ販売に取り組むなど暗号資産やブロックチェーンに対して積極的である。

さらに、ビットコインマイニングも独自のデータセンターで実行している。昨年10月に、ニュージャージー州を拠点としているチケットプラットフォームのブロックパーティと協力して、ゲームアプリ内でブロックチェーンベースの報酬プログラム公開を公表した。

NBAとブロックチェーンに関する記事はこちら

NBA、大手ブロックチェーンゲーム企業と提携:新規ゲーム開発を発表

Previous ブロックチェーンで個人情報利用の許諾管理/3月からScalar社ら同意管理サービスを共同提供
Next 職歴BANK:「逆募集」の機能を追加