チュニジア:オリーブオイル生産者、IBMのフードトラストを用いてブロックチェーンで製品追跡


まとめ
チュニジアのオリーブオイル生産者CHOは、IBMのブロックチェーン基盤食品追跡ネットワークFood Trustwp利用し製品の追跡・管理を行うことを発表した。同社製品は8つのチェックポイントで追跡され、日本・米国・カナダ・フランス・ドイツ・デンマークの主要小売店へ出荷される予定だ。

1月14日、チュニジアのオリーブオイル生産者CHOは、IBMのブロックチェーンベースである食品追跡ネットワークFood Trust(フードトラスト)を使用して、エキストラバージンオリーブオイル「テラ デリッサ」を追跡・管理することを発表した。

CHOは、オリーブが成長した農園・生成した工場・オイルを作成・瓶詰を行なった施設・物流等の同製品の品質確認のチェックポイントを8つに分担して追跡する。

IBMブロックチェーン・サプライチェーン・ソリューションズのラメッシュ・ゴピナス氏は、「ブロックチェーン技術を用いることでコインテレグラフに対して、CHOオリーブオイルにおけるボトルの製造過程の認証記録が作成可能だ」と語った。

CHOアメリカのレキックCEOは、「ブロックチェーン技術を用いたオリーブオイルは現在出荷準備中であり、今年3月までに、日本・米国・カナダ・フランス・ドイツ・デンマークの主要小売店へ出荷される見込みである」と述べた。

IBM Food Trustに関する記事はこちら

ネスレとカルフール:ブロックチェーンシステム利用でサプライチェーン追跡・管理

Nestle、食のトレーサビリティ確保に向けてOpenSCとの提携を開始

Previous 三菱UFJ:貿易決済デジタル化/ブロックチェーンベースのkomugiを活用し、信用状を発行
Next 九州アイランドワーク:ブロックチェーン技術を用いたスマートロックシステムを導入