三菱UFJ:貿易決済デジタル化/ブロックチェーンベースのkomugiを活用し、信用状を発行


まとめ
三菱UFJ銀行はブロックチェーン技術を基盤とする貿易金融プラットフォーム「komgo」を活用し、信用状を発行し、komgo活用の第1号案件となった。同行はkomgoプラットフォームと通じ信用状などのデジタル化、本人確認手続きの効率化を測っていく。

1月10日、三菱UFJ銀行はブロックチェーン技術に基づく貿易金融プラットフォーム「komgo」を用い、信用状を発行したことを公表した。信用状は、銀行が貿易決済をスムーズに運用する方法として発行する支払い確約書である。第1号案件として、同行ロンドン支店が実取引に基づいて発行するkomgoを使用した。

komgoは、KomGo SA(KomGo社)が開発するブロックチェーンを適用した貿易金融プラットフォームである。貿易取引上のペーパレス化・プロセスの自動化を促進し、業務効率の向上を目的として開発する。2018年8月、KomGo社は同行を含む海外大手金融機関・石油メジャー・コモディティ商社など計15社の株主により創立された。

同行はkomgoのプラットフォームを通して、信用状や貿易金融商品のデジタル化・本人確認(KYC)手続きの効率化・貿易金融に関する当事者間の文書やデータの暗号化によるセキュリティ向上に取り組む。他株主と共にkomgoを用いたコモディティ取引におけるグローバルベースでの貿易金融のデジタル化を進めていく。

以降、同行はデジタライゼーションを中期経営計画上の最重要施策の1つとし、デジタル技術を用いた業務の効率化、社内プロセスの自動化による生産性の向上に取り組んでいく。komgoを用いて、デジタル化の取り組みを促進することを明白にした。

三菱UFJ銀行に関する記事はこちら

野村HD、三菱UFJ、KDDI:セキュリタイズに出資

三菱UFJ・リクルート:デジタル通貨運営のための共同出資会社を設立予定

Previous パワーレッジャー:データ管理・決済システムのためのブロックチェーンシステムを購入
Next チュニジア:オリーブオイル生産者、IBMのフードトラストを用いてブロックチェーンで製品追跡