ラガルドECB総裁:デジタル通貨に積極的な姿勢を示すが、民間主導を取り除きたくない


まとめ
欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は「ECBは暗号資産のさらなる活用のために積極的な役割を果たしたい」と語るものの「速くて効率的な決済のための民間主導を排除したくない」と述べた。

1月8日、フランスの雑誌「チャレンジーズ」のインタビューで欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、ECBがクロスボーダー送金等のイノベーション分野で積極的な役割を果たすことを望んだ。

「暗号資産を発行することはECBにとって道理にかなっているのか?」という質問に対して、ラガード氏は「より素早く、より安い決済への需要が高まる中、特にECBはクロスボーダー送金の分野で傍観者になるのではなく能動的な役割を果たしたい」と語った。

さらに、ECBが発行するデジタル通貨に関して「コストと恩恵を従来通り検査する。中央銀行のマネーを現金の利用頻度が下がる際に使用し継続できるように保証したい」と述べた。

しかしながら、ECBのデジタル通貨によって「能率的な決済を目的とした民間中心の解決策を排除したくない」と加えた。

ラガルド氏は、暗号資産やブロックチェーンに関して特定の見解を表す人物として有名である。先週には欧州議会で演説し、デジタルユーロ取り入れの可能性に触れた。

 

Previous 韓国の暗号資産取引所ビッサム:100億ウォンを釜山のブロックチェーン特区に投資する計画
Next アリババ:ブロックチェーン技術を全業界に開放