韓国の暗号資産取引所ビッサム:100億ウォンを釜山のブロックチェーン特区に投資する計画


まとめ
韓国の大手暗号資産取引所ビッサムは、昨年7月に「ブロックチェーン規制自由特区」に指定した釜山のブロックチェーン規制自由特区に100億ウォン(約9.4億円)の投資を検討している。

1月9日、韓国メディアのニュース1は、現地の大手暗号資産貨取引所ビッサムが韓国・釜山のブロックチェーン規制自由特区に100億ウォン(約9.4億円)の投資を考慮していることを発表した。

昨年7月、韓国政府は釜山を「ブロックチェーン規制自由特区」に特定した。釜山では、ブロックチェーンの実用化を物流・金融・治安・観光等の領域で推進している。

さらに、昨年12月には韓国の大手通信会社KTが釜山で地域通貨を取り入れる計画を公表した。

ビッサムが釜山のブロックチェーン特区でどういった事業を進展させるのかは、自治体等と協議を行った上で固めていく姿勢である。現地メディアは関係者の話として、ブロックチェーンを基盤とした様々な金融事業を発展するのではないかと述べている。

現地メディアは、暗号資産取引所と地方政府と協力して公共事業に取り組むのは初の事例であると指摘した。

韓国とブロックチェーンに関する記事はこちら

韓国大手通信企業KT:ブロックチェーン基盤の地域通貨を釜山で公開

韓国、釜山をブロックチェーン特区に指定:文在寅大統領「国の生き残りかけた規制緩和」と発言

Previous トルコ・バフチェシェヒル大学:プラットフォーム上にDeFi製品を開発することを発表
Next ラガルドECB総裁:デジタル通貨に積極的な姿勢を示すが、民間主導を取り除きたくない