トルコ・バフチェシェヒル大学:プラットフォーム上にDeFi製品を開発することを発表


まとめ
トルコ・バフチェシェヒル大学のブロックチェーンセンターは米コーネル大学エミン・ギュン・シラー教授のブロックチェーンプロジェクト「アバ(Ava)」のプラットフォーム上にDeFi製品を開発すると1月6日に発表した。

1月6日、トルコ・バフチェシェヒル大学のブロックチェーンセンター「ブロックチェーンIST」は、プラットフォーム上にDeFi製品を開発することを発表した。このシステム構築は米コーネル大学エミン・ギュン・シラー教授のブロックチェーンプロジェクト「アバ」と連携して行われる。

2018年8月、ブロックチェーンISTが創設され、イスタンブール・ブロックチェーン&イノベーションセンターとされている。センター長のボラ・エルドマル氏によると「同センターはブロックチェーン技術の科学研究と情報発信を進め、トルコにおける研究開発とイノベーションの最も重要な中心を目指す」としていた。

今回の連携について、エルドマル氏は「同大学卒業者や学生らはDeFiや他のブロックチェーン基盤の製品開発に確固たるコンセンサスアーキテクチャを必要としている。この点において、アバのプラットフォームがそれに値する」と述べた。

また、ブロックチェーンを使った複数のプロジェクトも発表されている。それには、学位といった証明書などの発行・検証・共有に向けたオープンソースのブロックチェーンインフラ「サーティファイIST」などが含まれている。

エルドマル氏は、「同プラットフォームはより速いアクセスを可能としており、ブロックチェーン基盤のプロジェクトを完成させるスケーラブルな手段である」としている。

コーネル大学のシラー教授は昨年5月にアバのプロジェクトを発表した。アバを開発するアバ・ラボは昨年2月に著名ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツなどから600万ドルの資金調達を行っている。

DeFiの関連記事はこちらから

アクセンチュア、ゼネラリ社、従業員向けのブロックチェーンソリューションを発表

Previous 三菱総合研究所:東京ユアコインの実証実験を開始
Next 韓国の暗号資産取引所ビッサム:100億ウォンを釜山のブロックチェーン特区に投資する計画