著名投資家ジム・ロジャーズ氏:ブロックチェーンは非常に面白い、暗号資産の将来には悲観的


まとめ
著名投資家であるジム・ロジャーズ氏は2045年を占うインタビューで2045年に向けて成長が見込める産業としてブロックチェーンを真っ先に挙げ、「ブロックチェーンは世界を大きく変える最も面白い分野だ」と語った。

1月8日に日経QUICKニュースが記載したインタビューによると、著名投資家であるジム・ロジャーズ氏は、「ブロックチェーンは非常に面白い領域である」と述べ、世界に大変革をもたらすであろうと予想した。

インタビューは2045年を占うもので、ロジャーズ氏は2045年に向けてブロックチェーンを成長が期待できる産業として一番に挙げた。

同氏は「ブロックチェーンは銀行等で多数の職を奪う一方、膨大な新しい職を作り出すであろう。今後25年でブロックチェーンや人工知能(AI)の正式な知識を有する者が成功できる」と語った。

加えて、「全コンピュータ上の存在にマネーがあると推測し、喜ばしくないことではあるが、ゆくゆくは人々の消費行動を政府が監視できるようになるだろう」と述べた。

しかしながら、政府が把握できない暗号資産の将来に関しては否定的である。ロジャーズ氏は、政府の監視不可能な通貨は政府の圧力によって消滅すると分析している。

Previous 中国経営者:ブロックチェーンに大きな期待
Next 米ETF大手ウィズダムツリー:日本のマネックスも含む、ブロックチェーン企業の資金調達に関与