バイドゥ:開発者・中小企業をターゲットにDapps開発用ブロックチェーンをローンチ


まとめ
中国のインターネット大手、バイドゥはブロックチェーンベースの開発者や超小企業向けがDapps(分散型アプリケーション)を構築できるサービスをローンチした。これにより独自のブロックチェーンを構築することなくアプリの作成を行えるようになり大幅なコストカットが期待できる。

1月6日の現地時間、中国のインターネット大手、バイドゥ(Baidu)は、開発者と中小企業へ向けて、分散型アプリケーションであるDappsを作成可能なブロックチェーンベースのサービスを開始した。

中国国営メディアのSTCNによると、新サービスを使用することでユーザー自身でブロックチェーンを構築せずに、アプリケーションを開発・展開ができるようになる。

同サービスはバイドゥの企業向けブロックチェーン「Xuperchain」の一部であり、小規模ユーザーに低コストと容易な技術で興味を示してもらうことが目的だ。

また、同活動は中国政府のブロックチェーンの推奨に合わせたもので、中国全土の小規模事業者のブロックチェーンの使用促進を狙いとしている。

記事によれば、バイドゥは新サービスの数量ベースのコストを3月まで1元(約16円)程度に抑止する。アプリケーション構築のプロセスを簡略化するために、新サービスはユーザーにスマートコントラクトのテンプレートや効率化を可能にするコンポーネントを準備している。

バイドゥのウェブサイトによると、Xuperchainは約350万のユーザーを獲得し、4億5,000万を超えるトランザクションを対処している。さらにトランザクションの実証・支援を行うために、清華大学やストリーミングサービス大手「iQiyi」等の7つのマスターノードを保有している。

2019年5月、バイドゥはXuperchainをオープンソースとして発表し、潜在ユーザーが直面するであろう課題調査を行うことも公表した。

同社はこの新サービス以前に、開発者のアプリケーション構築をサポートする取り組みを進めていた。2019年2月、バイドゥ・クラウド(Baidu Cloud)は開発者に対してストレージとコンピューティングの問題に対応したバイドゥ・ブロックチェーン・エンジン(Baidu Blockchain Engin:BBE)をローンチした。

2018年1月には、ブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)のプラットフォームを公表し、アプリケーションへ向けてブロックチェーンインフラを提供した。しかし、新サービスとは異なり、同プラットフォームでは、まず企業や開発者は独自のブロックチェーンを保有することが必要不可欠であった。

中国とブロックチェーンに関する記事はこちら

SBI:中国平安グループの湾コネクトと合併/AI・ブロックチェーンを用いたフィンテックプラットフォームを展開

中国人民銀行:2つの都市でデジタル人民元の試験利用を予定

Previous 中国・広東省:ブロックチェーン基盤の融資プラットフォームを開始/早急に中小企業への融資を行う
Next 中国・北京:一般投資家へ暗号資産取引所について勧告