富士山テーマの武術展:ブロックチェーンに作品の展示、販売履歴を記録


まとめ
アート領域でのブロックチェーン活用に取り組むスタートバーンは富士山をテーマにした作品の展示や販売履歴をブロックチェーンに記録した展覧会を実施した。「富士山展」は毎年開催されており、今年で4回目となる。

スタートバーンが「富士山展3.0 -冨嶽二〇二〇景-」を主催

1月3日、ブロックチェーンをアート分野の活用に取り組むスタートバーンは、新年の企画である「富士山展3.0 -冨嶽二〇二〇景-」を主催することを公表した。1月5日〜19日、サテライト展として全国20か所同時開催し、若手現代美術作家の最新作から伝統的な浮世絵まで、「富士山」をテーマとする多様な象徴的意義をもつ作品の展覧会を行う。

同社が毎年年始に「富士山展」を企画しており、今年で4回目となる。サテライト展開催後、2月2日〜8日に寺田倉庫T-ART HALLで、同展の中から選出された作品が集まった富士山展をまとめたセレクション展を開催する。この展覧会では、ブロックチェーンに作品の展示や販売の履歴が記される。

スタートバーンは、Ethereumのスマートコントラクトを使用して築かれた「アート・ブロックチェーン・ネットワーク」(ABN)を開発する。トークンを使って証明書を発行し、電子的にアート作品の所有権や来歴を管理可能なABNを提供する。「富士山展」では、ABNに全作品を同社サービスstartbahn.orgを通して繋げ、展示や販売の履歴を書き留めておく。

富士山展公式サイトとstartbahn.orgにて、出展作品と詳細は閲覧・購入ができる。加えて、一部作品は他社サービスを断ち切り、ブロックチェーン適用のアート・工芸作品流通・販売プラットフォーム「B-OWND」(ビーオウンド)と提携される。

Previous アクセンチュア:国家デジタル通貨開発に引き続き、貿易金融ブロックチェーンに投資
Next 2019年、イスラエルの暗号資産/ブロックチェーン企業が約32%増加