バージニア州議員:ブロックチェーン利用を求める議案を州政府に提出


まとめ
バージニア州のハラ・アヤラ議員が選挙で投票者の記録と選挙結果を明確にするためにブロックチェーン利用を求める議案を州政府に提出したことがわかった。ブロックチェーンを利用の費用と利益が従来のセキュリティ対策費用を上回るか判断し導入が検討される。

州政府に選挙でのブロックチェーンの利用に向けて調査を進める議案をバージニア州のハラ・アヤラ議員が提出していたことが明らかになった。

議案は昨年12月27日に事前提出されていた。投票者の記録と選挙結果を明確にするためにブロックチェーン技術の導入の検討を選挙委員会に要請している。

主にブロックチェーン技術を使用することで発生する費用と利益が従来の選挙のセキュリティ対策費用などを上回るかを判断し、技術を導入するための推奨事項を決定という。

議案を提出したハラ・アヤラ議員はサイバーセキュリティの専門家でもある。

バージニア州の関連記事はこちらから

ブロックチェーン投票の試験運用すすむ 投票率向上に期待 / 米

Previous 国連:事務長が積極的なブロックチェーンの受け入れを公言
Next 中国・広東省:ブロックチェーン基盤の融資プラットフォームを開始/早急に中小企業への融資を行う