アクセンチュア:国家デジタル通貨開発に引き続き、貿易金融ブロックチェーンに投資


まとめ
アクセンチュアは、貿易金融ブロックチェーンスタートアップのトレードIXと提携で合意した。これによりアクセンチュアは、トレードIXが貿易金融での買い手と売り手のための銀行業務以外で新しいユースケースを生み出すことを支援する

アクセンチュア(Accenture)は、貿易金融ブロックチェーンスタートアップのトレードIXと共同で合意し、マルコ・ポーロ・ネットワーク(Marco Polo Network)のオンボーディング・パートナーになった。

2019年12月17日の現地時間に、両社は同合意はアクセンチュア・ベンチャーズ(Accenture Ventures)による、トレードIXへの非公開の出資と併せて締結されたことを公表した。アクセンチュアは、トレードIXが銀行業務以外で貿易金融での買い主と売り主のための新たなユースケースの作成をサポートする。

トレードIXの共同創業者兼CEO、ロバート・バーンズ氏は「複数の企業と話し合う中で、私たちにできることはまだあることが明白になった。在庫情報・インボイス・注文書・先行発注・指図書・チェーン上のコントラクトの対応など買い主と売り主間のデータ強化を行おうと考えている」と述べた。

ブロックチェーンシステムへレガシーテクノロジーを組み込む

2020年のローンチに先だって、アクセンチュアはマルコ・ポーロの戦略的パートナーになり、レガシーテクノロジーをブロックチェーンシステムへと組み込む企業のサポートをする。

アクセンチュア・オペレーションズ(Accenture Operations)のブロックチェーンサービス担当マネージングディレクターであるメラニー・カトラン氏は「既に私たちは多くの取引を処理しており、AI・アナリティクス・自動化によって、更なる効率的な処理へと誘導している。アクセンチュアは分散型台帳技術(DLT)において、金融サービスインフラ・サプライチェーン・デジタルアイデンティティの3つに重きを置いてきた。これは、3つすべての中心にあたる」と述べた。

先週、トレードIXはマルコ・ポーロネットワークが、過去最大のオープンアカウント貿易金融トライアルを完成し、70を超える組織が参入したと公表した。それ以降、マルコ・ポーロには金融に関連する多数の業界大手が加入し、9月にはバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)・マスターカード(Mastercard)・自動車メーカーのダイムラー(Daimler)も参加した。さらに、11月にはバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(Bank of New York Mellon)がネットワークに参加した28番目の銀行となった。

しかし、今月初旬、アクセンチュアはeクローナ・デジタル通貨のパイロット版開発をスウェーデンの中央銀行によって委ねられた。また、アクセンチュアはデジタル通貨とブロックチェーンを用いて国際決済を行うカナダとシンガポールの技術的サポートを中央銀行間のトライアルでも行った。

アクセンチュアに関する記事はこちら

Hyperledger:アクセンチュア開発の連携プラットフォームをオープンソース化

アクセンチュアが生体認証にブロックチェーン技術を応用 オランダ、カナダと提携

Previous 韓国大手通信企業KT:ブロックチェーン基盤の地域通貨を釜山で公開
Next 富士山テーマの武術展:ブロックチェーンに作品の展示、販売履歴を記録