インターネット自体がブロックチェーンベースのアプリケーションに進展する


まとめ
セルシウス・ネットワークのアレックス・マシンスキーCEOはSNSなどでフェイクニュースが事実として取り扱われている問題を示した上で、ブロックチェーン技術を利用し、ネットワーク内の内部操作を記録するSNS「ボイス」のようなプロジェクトは、インターネットに信頼性をもたらす最初の分散型アプリのひとつになるだろうと述べた。

12月10日、暗号資産ウォレットアプリを手がけるセルシウス・ネットワークのアレックス・マシンスキーCEOが、ラスベガスで催された「ELEV8」イベントで、中央集権型ネットワークと分散型(非中央集権型)ネットワーク間で戦争が勃発していることを発表した。

マシンスキーCEOは、「フェイクニュースや露骨な嘘が真実として扱われる異常な現実を作り出したのは、FacebookGoogleなどの企業によるインターネットの中央集権化によるものだ」と語った。

同氏によると、フェイクニュースが中央集権型SNSの進出によって増え、あらゆる問題や事象の真実に関して多数の混乱が生じている。また、フェイクニュースは読み手の興味を引きやすく、この現状がFacebookやGoogleなどの企業にとって膨大な利益に繋がっている。

さらに、同氏は「虚言が消費者や企業間にエンゲージメントを生み出した場合、即座に絶大な利益に変更され、お金を彼らから取り立てるために積極的に働く世界最高のアルゴリズムによって、押し出し引き立てに相当すると評価される。また、民主主義や人権に関して心配はなく、ネット広告の発行に学校や障害者支援の寄付金のうち1%を利用することで、多大な利益を要求してあらゆる病気を完治させたかのように伝えてくれる」と語った。

ブロックチェーンベースのソリューション

マシンスキーCEOはコインテレグラフに対して、ブロックチェーンに基づくデータ・プラットフォームが、フェイクニュースに反抗できる唯一のソリューションであると示した。同システムでユーザーの身元とデータの信憑性を確認することにより、ネットワーク世界に必要不可欠な透明性を保証するレイヤーを生み出せる。

同氏は「ブロックチェーン技術を活用し、ネットワークの内部操作を書き留めるSNS『ボイス』プロジェクトは、インターネットに信憑性を有する初の分散型アプリになるだろう」と語った。ボイスは、暗号資産イオス(EOS)の開発企業であるブロックワン(Block.one)が開発中のSNSで、2020年2月14日にベータ版がリリースされる見通しである。

ボイスの全操作はブロックチェーン上に記録され、ユーザーの個人情報を無許可で選定される中央集権型SNSとは相違する。加えて、ボイスのユーザー登録には身元確認が必須であり、SNSへの投稿は必ず特定の人物に結びつき、偽IDや不正なコンテンツを削減できる。

しかしマシンスキーCEOは、ボイスのようなプラットフォームが市場に出現しても、ユーザーを惹き付けられる力を獲得できるかどうかは今後の課題になると指示した。

さらに、「私たち自身を守り、利益を最大化できるように企てられたプラットフォームは以前から存在している。私たちは、世界の70億人がそれを見つけ出してくれるのを期待している。彼らが発見でき次第、ブロックチェーン上のアプリケーションにインターネット全体を変更することができる」と同氏は述べた。

ブロックチェーン世界のエコシステム

マシンスキーCEOは、「ブロックチェーン・エコノミクス」という講演をELEV8では行った。当時開示したスライドの内容は「E = MC2」で、「E=イーサリアム・M=メンバー・C=コンセンサス」を示し、「ブロックチェーンとしてのイーサリアムの価値向上を測るには、多数の構成員の合意が必要不可欠だ」と解説した。

マシンスキーCEOは、ブロックチェーンの大げさな広告は時期外れになったが、キャズムを上回る必要があると講演を締めくくった。ステーブルコインが、人々に暗号資産の可能性を理解してもらうきっかけになることを示し、中央集権型SNSを使用しないことを進めた。

同氏は「このような依存を私たちが断ち切るだけで、Facebookは勢力を無くし、驚異的に早く消滅する。そのように断言できる理由は、私がかつて顧客に毎月700ドル(約7万6,000円)を請求した古い電話会社の消滅の手助けを行なったことによる。今では、インターネット経由の音声通話ができるVoIP技術の普及によって、電話会社に頼る必要がなくなったことで、無料通話できる。私たち次第で、より中央集権化するのか、分散化するのかが決まる」と語った。

フェイクニュースとブロックチェーンに関する記事はこちら

ニューヨーク・タイムズ、フェイクニュース根絶に向けブロックチェーン活用

Previous 韓国産ブロックチェーンRPG:ナインクロニクル、アルファテストを始める
Next IBM:東京大学と量子コンピュータの開発や実用化に向けて提携