大手鉱山開発企業グレンコア:ブロックチェーンを活用し、コバルトサプレイチェーン追跡


まとめ
大手鉱山開発企業グレンコアはIBMが開発したブロックチェーンソリューションを使用して、コバルトを追跡する。調達する資源が、戦争関連の紛争鉱物でなく、児童労働が悪用されていないことを証明するのが狙いだ。

グレンコアは、英国とスイスの鉱山開発並びに商品取引を行っており、2020年春までにIBMが開発したブロックチェーンソリューションを用いてコバルトを追跡し、商業運用計画を立てている。

今回、グレンコアはサプライチェーンの透明性改良のための業界ネットワーク、レスポンシブル・ソーシング・ブロックチェーン・ネットワーク(RSBN)への参入を発表した。

調達関連の監査を行うRCSグローバル・グループがRSBNを設立し、IBMのブロックチェーンプラットフォーム、ハイパーレジャー・ファブリックを利用している。

プレスリリースで、RSBNは、コモディティ生産者と世界中の顧客間の継続的なパートナーシップの進展に大切な役割を担当し、低炭素経済ができるトランザクション実現を目指している。

グレンコアは、今年10月に世界経済フォーラム(WEF)が始めた金属の部品調達に関連するブロックチェーンを使用したイニシアティブに参入している。

今年11月に、鉱物に関するサプライチェーン追跡を巡って、自動車大手のボルボがコバルトをブロックチェーンで追跡する計画を公表している。

調達資源が戦争に関するの紛争鉱物ではなく、児童労働が正しく適用されていることを証明する目的だ。

コンゴでも、同じような目的でレアメタルのサプライチェーン追跡にブロックチェーンを適用するソリューションが開発されている。

IBMに関する記事はこちらから

IBM:東京大学と量子コンピュータの開発や実用化に向けて提携

IBM:ブロックチェーンを用い、泥棒ドローンを防ぐ特許を獲得

Previous CUレジャー:米信用組合と連携、ブロックチェーン技術を用いた個人認証実験に成功
Next デジネックス・IOM:共同でブロックチェーンツールを開発