CUレジャー:米信用組合と連携、ブロックチェーン技術を用いた個人認証実験に成功


まとめ
信用組合サービス組織(CUSO)のCUレジャーは米国の3信用組合と連携して、個人認証(ID)プラットフォームの導入に向けた試験に成功した。ブロックチェーンを利用することにより詐欺事件を防ぐためこの3信用組合のコールセンターで試験は行われた。

12月16日、フィンテック・フューチャーズの発表によると、CUレジャー(CULedger)は、分散型元帳技術(DLT)関連の共同事業体で信用組合サービス組織(CUSO)であり、アメリカの3信用組合と共同で、個人認証(ID)プラットフォームの採用を目指した試験に成功した。

同試験では、CUレジャーのブロックチェーンIDプラットフォームをユニファイ・ファイナンシャル、デザート・ファイナンシャル、トゥルウエストの3信用組合のコールセンターで取り入れた。電話でのID確認に関しては、詐欺事件で標的になるケースもあったため、今回ブロックチェーンを試験運用する対象に選出された。

特有のカスタマイズ可能なデジタル認証情報「MyCUID」を、CUレジャーは作り出し、ブロックチェーンネットワークメンバーの間でトランザクションの立証に活用できる。

デザート・ファイナンシャルのロン・アムストゥッツ副社長は、「自分自身を証明するMyCUID証明書を一度、発行できれば、医療関係や政府などの機関で利用できる。私たちは、顧客と同じようにユーザーネームやパスワードが必要ではないことに感動しており、私は何百ものパスワード有している。MyCUIDで安心して、更なる選択肢を維持し、負荷を削減できる」と語った。

昨年12月、CUレジャーはR3のグローバルネットワークに参入した。今年5月にR3のDLTを基盤としたIDシステムを開発する計画を発表した。

Previous JCB:ペイスタンドと決済ソリューション構築に向けた覚書を締結
Next 大手鉱山開発企業グレンコア:ブロックチェーンを活用し、コバルトサプレイチェーン追跡