イスラム過激派ISIS:ブロックチェーンベースのメッセージアプリを適用


まとめ
イスラム原理主義組織「ISIS」がブロックチェーン技術を用いたメッセージアプリ、「BCM」を使いプロパガンダを始めている。元よりISISはツイッターなどのSNSを活用していたことで知られるが、コンテンツ規制が厳しくなったため第3者がコンテンツにアクセスないBCMを利用していると見られる。

12月14日、米メディアのViceは、イスラム原理主義組織「イスラム国(ISIS)」がブロックチェーン技術を用いたプロパガンダを推進していることを発表した。メンバー同士の匿名のやり取りをブロックチェーンがベースのメッセージングアプリ「BCM」を使用した方法で試行している。

ISISは、イラクやシリア領内で活動するイスラム原理主義勢力である。自身のプロパガンダを発信する目的で、ソーシャルメディアを積極的に利用していることで有名である。

MITテクノロジーレビューの記事によれば、2014年のISISの勢力拡大の際、ソーシャルメディア、取り分けツイッターを率先して利用した。

一方で、ISISに関するコンテンツをTwitterFacebookYoutubeなどが次々と禁止した。そのため、ISISは自身のプロパガンダを発信するため、軸をメッセージングアプリの活用へと移している。

今年、ISISは暗号化メッセージングアプリ「テレグラム」を自発的に使用していた。ジョージタウン大学の調査によると、英語話者のISIS支持者はテレグラムを用いた方法で、世界中の仲間とやり取りを行い、ISISのプロパガンダを普及させている。

その後、テレグラム側はISIS関連を禁止する対策をとった。ISIS Watchによると、今年5月にテレグラムは8,291のISIS関連のボットとチャンネルを停止した。VICEは、11月末にはテレグラム上のISIS関連アカウントとネットワークをEUの法執行機関が解体したと報じた。

BCMの機能の詳細

ISISはHoop・TamTam・RocketChat・Riotのアプリも試行したが、BCMのアプリ機能に関心を示している。

BCMは「Because Commnication Matters(コミュニケーションが重要だから)」の略称だ。特徴は、ユーザーの匿名性、エンドツーエンドの暗号化メッセージ、一貫したプライバシー維持である。

BCMのプライベートチャット・グループチャットの全送信メッセージはエンドツーエンドで暗号化されており、サーバー上の第三者がそのコンテンツにアクセスできないようになっている。

BCMの最も大きな特徴の1つは、「スーパーグループ」(最大10万人のユーザーを収納できる)を作成できることだ。

これが存在することで、ISISは自身のメンバーや支持者に、大量の連絡を数秒で取ることが可能になる。またBCMでユーザーIDを獲得するときは、電話番号や電子メールアドレスが不要なため、ユーザーの匿名性が保証される。

今回の件について、BCMはViceに「いかなる形であってもテロリストや過激派を後押しすることはない」と書き込んでいる。

イスラム国とブロックチェーンに関する記事はこちら

ブロックチェーン企業のAlgorand:イスラム市場へ展開し、シャリーアに則る金融認証を獲得

R3がドバイ・フィンテック企業と提携:ブロックチェーン使用でイスラム債発行

Previous ロセッティ:ウェーブズを使用し、新たなシステムの試験運用開始
Next SBI:中国平安グループの湾コネクトと合併/AI・ブロックチェーンを用いたフィンテックプラットフォームを展開