日銀・黒田総裁:グローバルステーブルコインで「共有地の悲劇」生じる可能性


まとめ
日銀・黒田総裁は「フェイスブックのリブラなどのグローバルステーブルコインは金融版“共有地の悲劇”をもたらしかねない」と発言し、今後資源が枯渇してしまう可能性を指し示した。また、この対策のために「国際的に整合性の取れた規制体系が重要と」強調した。

「新しいデジタルマネーの出現に際して、リスク・課題の強調のみならず、既存の決済システムに関しても改善を促進していくことが必要不可欠である」

12月4日、日本銀行の黒田東彦総裁は都内で講演を行い、既存の決済システムにおける国際送金の高額な費用や待ち時間の長さなどの課題を認知した上で、国際的な金融規制の需要を指示した。また、フェイスブックのリブラのグローバルステーブルコインは金融版、共有地の悲劇を生み出しかねないことや、キャッシュレス決済では相互運用性の重要性を指摘した。

ステーブルコインに国際金融規制が必要な理由

黒田総裁は金融情報システムセンター(FISC:The Center for Financial Industry Information Systems)の35周年記念講演会に登壇した。FISCは金融情報システムに関する問題の調査や研究を行う公益財団法人で、理事長は元国税庁長官の稲垣光隆氏が担う。

黒田総裁は、国際金融システムの釣り合いの維持を目的としているグローバル・ガバナンスの視点からステーブルコインについて整理したうえで、再度、拙速な発行について反論した。

「国際金融のトリレンマ」を元に要因を説明。国際金融のトリレンマとは、自由な資本移動の金融統合・金融安定・国内金融規制の3つの同時達成は不可能であるため、必ず1つは諦めなければならないというものであり、国内では自由な資本移動・為替相場の安定・金融政策の独立とも呼ばれる。

また、同総裁はグローバルステーブルコインの発行と流通に関してもトリレンマがあると指摘し、金融統合を深めることで、グローバルステーブルコインは資本移動の無駄を省くと説明した。それを踏まえて、金融の安定を確保するのであれば、国内金融規制ではなく「国際的に整合性のとれた規制体系(globally consistent financial policy)が必要である」と述べた。

例に挙げると、これはグローバルステーブルコインの統制が緩い国で取引が増加した場合、一部の国で取引が禁じられても、結果として世界的な金融の安定性を失うことに繋がる。

金融版、共有地の悲劇。通貨価値の釣り合いという公共財が損なわれる危険性

加えて、グローバルステーブルコインは国際公共財を使用した「国際金融の安定」というスキームであると指示した。国際公共財を使用する発行体は、活用ルールである国際金融規制に従う必要がある。

黒田総裁は、もしルールが守られなかった場合、金融版、共有地の悲劇が引き起こされる危険性が生じ、グローバルステーブルコインにより公共財が過度に使用され、金融や通貨価値の安定という公共財が保持できなくなる可能性を語った。

Previous チケットマスター:ブロックチェーンとスマートコントラクトの活用で利益増加
Next フェイスブック:ホワイトペーパーの内容を大幅に変更