リンクトイン調査:インド、ブロックチェーン開発者の需要急上昇/米国では下がり気味


まとめ
ブロックチェーン開発者がインドで急成長している職業15業種のトップとなった。これは、金融業界だけでなく、医療・ロジスティックス・小売など様々な分野でブロックチェーンのニーズが高まっているからだ。

インドでは、ブロックチェーン開発者のリクルートが急上昇しており、2020年のトレンドの1つになりそうだ。

リンクトインはインドでの「エマージングジョブレポート」を公表し、ブロックチェーン開発者がインドで急速な成長を遂げている職業15業種のトップに選出された。

リンクトインは、インドでは2020年のトレンドにブロックチェーン開発者の需要が選ばれるとし、AI専門家やロボティクスに関するの業種を抑えて、トップで紹介されている。

リンクトインによると、インドでは金融業界を中心に医療・ロジスティックス・小売など、様々な業界でブロックチェーン開発者の需要が拡大している。さらに、インドはブロックチェーンに関する特許で世界6位になり、公共セクターでも採用の機運が生じると分析されている。

12月16日、インドではIT最大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)がスマートコントラクト用総合開発環境ソフトを発表した。

加えて11月末には、インド政府が国家戦略としてブロックチェーンを進める計画が明白になった。

US版ではランク外に

しかしながら、US版のリンクトインの調査では、ブロックチェーンは職業15業種には選出されなかった。

昨年の調査では、ブロックチェーン開発者がトップであったが、今年はAI専門家が上位に選定された。

ブロックチェーン開発者がランク外になったことに関して、リンクトインは「ビットコインや他の暗号資産の人気が急低下しているため、冷静さを失うことはない」と語った。

インドとブロックチェーンに関する記事はこちら

インド:国策としてブロックチェーンの導入/暗号資産との関係性は

インド人口最大の州:太陽光発電プロジェクトをブロックチェーンを用いた方法で開始

Previous デジタル資産への対応進む / ANNA
Next TIS:住友生命保険が行う実証実験への支援を発表