タイ政府:電子到着査証(eVOA)にブロックチェーンを採用


まとめ
タイ政府は到着ビザ処理を行う電子到着査証(eVOA)にブロックチェーンを採用し、デジタルビザ申請手続きを迅速化させる。これはオーストラリアのブロックチェーン企業シェアリングとゲートウェイ・サービスと共同で行う。

タイ政府は、電子到着査証(eVOA)にブロックチェーンを採用することを決定した。デジタルビザ申請手続きを安全にかつ迅速に行うという狙いがある。

オーストラリアのブロックチェーン企業シェアリングゲートウェイ・サービスが共同で実施することとなっている。タイ政府は、中国とインドから来る自国への訪問者に特化し、ブロックチェーンのeVOAサービスを展開する計画を練っている。

シェアリングの共同創設者でCEOのティム・ボス氏は、「現在、既存のeVOAは空港など入国地点で処理されている。今回ブロックチェーンを導入することで、そのプロセスを簡素化させることが目的である」と述べている。現在、紙ベースで行われている処理は、訪問者は航空券や滞在先のコピーや写真など数々の書類を用意する必要がある。またその処理に1時間近くかかっているのも欠点と言える。

さらに、偽装やミスといったリスクにもあるため、ゲートウェイ・サービスと協力し安全面や迅速化、プロセスの質を改善をすべく取り組んでいる。

タイの関連記事はこちらから

SBI:10件以上のSTO実績を持つ米セキュリタイズへ出資

タイでブロックチェーンを用いた石油輸出の税還付システムが発足か

Previous IBM:東京大学と量子コンピュータの開発や実用化に向けて提携
Next 韓国大手通信企業KT:ブロックチェーン基盤の地域通貨を釜山で公開