マルコポーロ・ネットワーク:共同試験運用の完了を発表


まとめ
R3のブロックチェーン「コルダ」を搭載した貿易金融のマルコポーロ・ネットワークは、SBIや住友証券など70組織と共同で行っていた試験運用を完了した。テストに関する調査では解答者全員がブロックチェーンによって売掛金処理のプロセスのスピードアップとコスト削減が期待できると答えた。

R3のブロックチェーン「コルダ」を搭載した貿易金融であるマルコポーロ・ネットワークは、12月12日に試験運用の完了を発表した。同ネットワークには、25カ国から70を超える組織が参加している。日本の企業では住友商事SBIホールディングスなどが参加した。

同テストでは、貿易金融と運営資金調達ソリューションの改善を目指していた。さらに金融・自動車・通信・ロジスティック・不動産・海運・不動産・サービスなど、340人以上が多様な業界から集まった。

テストに関する調査では、回答者の100%がブロックチェーン基盤の同ツールで売掛金処理のプロセスのスピードアップとコスト削減が期待できると答えている。また、75%がその効果が5年以内に現れると思うと回答した。

マルコポーロネットワークはジョイントベンチャーであり、ハイテク企業TradeIXとフィンテック企業のR3に加え、20もの国際金融機関で構成されている。ブローカーディーラーサービスや株やオプション、先物など複数の通貨での取引サービスを提供するプラットフォームの構築がこの企業の目指しているゴールである。R3のブロックチェーン技術「コルダ」をプライバシー強化し発展させ、許可された企業同士がリアルタイムで取引データを共有できる仕組みづくりを試みている。

マルポーロ・ネットワークの関連記事はこちらから

三井住友銀行、「マルコ・ポーロ・ネットワーク」に参画 ブロックチェーン技術で新サービス

Previous SBI:中国平安グループの湾コネクトと合併/AI・ブロックチェーンを用いたフィンテックプラットフォームを展開
Next JCB:ペイスタンドと決済ソリューション構築に向けた覚書を締結