ロセッティ:ウェーブズを使用し、新たなシステムの試験運用開始


まとめ
ロシアの国有送配電企業ロセッティはブロックチェーン をを利用した電気料金支払いのためのシステムをテストしている。支払いの計算に透明性を持たせ、電力料金の未払いを削減することが狙いとしている。

ロシアの国有送配電企業ロセッティは、ブロックチェーン・プラットフォーム「ウェーブズ」を用い、電気料金支払いを行うためのシステム試験を行なっている。

次回のフェーズは2州で合計500万人以上が対象

ロシアの分散型台帳技術スタートアップであるウェーブズの企業向けブロックチェーン部門となるウェーブズ・エンタープライズが、今回のテストにはロシアの2つの行政地域の400世帯が参加していることをブログで明かしている。

2020年初頭に開始予定のフェーズでは、カリーニングラード州とスヴェルドロフスク州の全域で合計で約530万人を対象にこのシステムが利用されることが決まっている。ウェーブズ・エンタープライズによれば、その次のステップとしてロシア全土への拡大を目指している。

この発表によると、システムは戸建て住宅や集合住宅の電気メーターのデータにアクセスし、データを保管する。さらにそのデータを用い、発電会社と送電網の運営会社の間で顧客の支払いを分配することになっている。

支払いの計算に透明性を持たせ、電力料金の未払いを削減することがこの取り組みの狙いだ。2019年、すでに1,250万ドル以上の支払額に達している。

各家庭はアプリを通じて電力消費量を確認し、料金が安い夜間料金を選択するなど、より適切な料金体系を選ぶことができるのだ。

「ロシアで開発されたプラットフォームでウェーブズ・エンタープライズを選んだ重要な要素は、ロシアを拠点としていることだった」とロセッティの会長顧問を務めるセルゲイ・セメリコフ氏は述べている。

さらに「このシステムはプライベート・ブロックチェーン上、そして、弊社のデータ保護と暗号化の要求を満たしている。これは我々の国で開発されたプラットフォーム上で開発されるべきだと考えている」とセメリコフ氏は声明を発表した。

今回のテストには、ロシア最大級の民間銀行であるアルファバンクの参加も確認されている。

ロセッティは以前、ロシアの石油ガス大手の子会社ガスプロムバンクおよびベンチャーファンドのデジタル・ホライズンと共同したブロックチェーンのテストについても発表している。

電気に関する記事はこちらから

拡大するブロックチェーン活用分野:美術品の履歴記録、電気売買の実証実験など

IOTA財団と共同で実証デモ:ジャガーで初めてのフルEV電気自動車「I-PACE」を使用

Previous SBIホールディングス:3月期の株主優待で仮想通貨XRP付与を検討
Next イスラム過激派ISIS:ブロックチェーンベースのメッセージアプリを適用