米規制当局SECトップ:将来の暗号資産とブロックチェーンに楽観的/不当行為に厳格対応


まとめ
米証券取引委員会(SEC)トップのジェイ・クレイトン委員長は、暗号資産を含むデジタル資産とブロックチェーン分野に置いて、前向きな規制アプローチを取っていく方向性を示した。また、ブロックチェーン分野の可能性を強調した。

10日、米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長は米議会上院の銀行委員会で、暗号資産などのデジタル資産規定に関して「前向きなアプローチ」を取ると公言した。

クレイトン氏は、上院銀行委員会の中でSECが分散型台帳技術とデジタル資産に多大なる興味を示し、多くのリソースを注ぎ込んでいると口述した。また、それを踏まえブロックチェーン技術の可能性を強調した。

「従来から語っているように、分散型台帳技術に関して楽観的だ。DLTの発展は資本形成を進め、機関投資家やメインストリームの投資家の双方に多望な投資機会を与えることができる」と述べた。

加えて、同氏はデジタル資産とブロックチェーンに関して、「投資家と市場を守りながら、イノベーションと資本形成の両方を進め、念入りに前向きな統制アプローチを導入する」と語った。

投資家保護のため規制強化

反対に、暗号資産関連の詐欺に関しては個人投資家を守るため精力的に取り締まり、被害を受けた個人投資家に対しては、早急に資金を返納するように努力すると強調した。

証言の中では、テレグラムのICO発覚事例にも触れ、「これらの行動は証券法に従わないデジタル資産に関する違法行為を行うものに対して、必要な時に取締りを行う委員会のコミットメントを反映したものである」と述べた。

Previous JPモルガン:日本でブロックチェーン決済情報ネットワークを広げる
Next LINE Pay:スーパーアプリ化へ進展/スマホ決済で銀行振込を開始