LINE Pay:スーパーアプリ化へ進展/スマホ決済で銀行振込を開始


まとめ
LINE Payは個人・法人への銀行振り込みが可能となるサービスを開始することが発表した。LINEはヤフー傘下のZホールディングス(HD)との経営統合に合意しており、今後さらに利便性に高いサービスを「LINE」「LINE Pay」に導入することが期待される。

12月9日、LINEの子会社であり、スマートフォン決済サービスを行うLINE Payは個人・法人の銀行口座に振込を可能にするサービスを始めることを公表した。

日常生活の数ある場面で使用可能の統合的なモバイル・アプリは「スーパーアプリ」と称されているが、LINEはアプリをスーパーアプリ化する目的で革命的な政策を開始した。

LINE Payによれば、同銀行振込サービスは「LINE Pay」アプリ、もしくは「LINE」アプリ内にある「ウォレット」タブの「送金」から「口座に振り込み」を選択して使用することが可能である。相手の口座番号を知っている場合は「口座番号」を、メールアドレスまたは電話番号を知っている場合は「SMS・Eメール」を選び、必須の情報を打ち込む。

上限は1日10万円で、手数料は税込で一律176円、24時間365日利用可能だ。

LINE上で銀行振込サービスを使用した際の送金側と受け取り側の画面。(引用:https://www.coindeskjapan.com/30653/)

 

日本国内ではキャッシュレス化が進行しているが、高額決済の場合は企業や店舗側が決済手数料を心配し、クレジットカードへの対応がされていない。そのため、未だに口座振込を指定する業者が多い。また、「LINE Pay」に生活費の一部を入れておくユーザーが増加していることにより、銀行口座振込サービスを「LINE」上で展開するべきだとLINE Payは決断した。

11月にLINEは、ヤフーを傘下に置くZホールディングス(HD)との経営統合に承諾し、「LINE」アプリのスーパーアプリ化戦略を推し進める方針を明白にした。今後、「LINE」・「LINE Pay」アプリにより使いやすい新サービスが追加されることが望まれている。

LINEに関する記事はこちら

LINE:開発者向けブロックチェーンプラットフォーム発表/AML・ KYC、ユーザー鍵管理を提供

資本業務提携を発表、ブロックチェーン活用の金融サービス提供へ前進 / LINE, LVC, 野村HD

Previous 米規制当局SECトップ:将来の暗号資産とブロックチェーンに楽観的/不当行為に厳格対応
Next 東大・メルカリ:「価値交換工学」に関する共同研究を開始