中国銀行:アリババ子会社・中国工商銀行に続き、3,000億円分の債券ブロックチェーンで発行


まとめ
中国の4大商業銀行の1つである中国銀行は、ブロックチェーンベースで200億人民元(約3,000億円)分の債券を発行した。中国銀行は「中国では初のブロックチェーンに基づいた債券発行の台帳システムである」とコメントし、アリババなどに続き金融サービスのためのブロックチェーンプラットフォームをローンチする予定だ。

中国銀行は、中国の4大商業銀行の1つであり、ブロックチェーンベースで200億人民元(約3,000億円)分の債券を発行した。これは、小規模企業・零細企業の資金調達に関連したものである。

2019年12月6日、同行は債券の価格設定と発行の完了を発表した。声明によると、2年債が3.25%のクーポンレートで市場に登場し、小規模企業をサポートを目的とした資金調達を目指している。

同行は「今回のプロセスについて、中国では初のブロックチェーンを基盤とする債券発行の台帳システムであり、独自のブロックチェーンベースの債券発行システムを利用した」と述べた。

独自のブロックチェーンシステムを、所有者の証明・引受人グループの形成・取引の証明を記録するデジタル証明書発行のために利用し、「今回の債券発行は、中国の取り組みの一環で資金への効率的なアクセスで起業家を支援するためのものである。9月までに、41万以上の小規模・零細企業に4,040億人民元(約6兆2,400億円)を貸し出した」と公言した。

中国工商銀行アントフィナンシャルサンタンデール

中国の銀行や金融サービス企業にとって、中小企業向けの資金融資は重要なブロックチェーンユースケースである。

2018年2月、資産額が世界最大である中国工商銀行は中小企業へ、ブロックチェーンプラットフォーム上で、ファクタリング(企業が即金精算のために、売掛債権を第三者に割引で販売する取引)のサービス提供を始めた。

テック企業大手アリババ(Alibaba)のフィンテック部門アント・フィナンシャル(Ant Financial)は、中小企業に対して、独自のブロックチェーンプラットフォームを用い、3カ月以内に信頼度の高い金融サービスを提供することを公言した。

中国以外では、9月にスペインの大手銀行サンタンデール(Santander)が、債券発行プロセスの促進を目標としてイーサリアム上で取引される2,000万ドル(約22億円)の債券を発行した。

Previous インド:国策としてブロックチェーンの導入/暗号資産との関係性は
Next ツイッターCEO:分散型インターネット開発へ