東大・メルカリ:「価値交換工学」に関する共同研究を開始


まとめ
東大とメルカリが「価値交換工学」に関する共同研究を開始する。2020年1月1日から5年計画で連携研究部署が設置され、研究経費な10億円を予定している。

2020年1月に5年計画・予算10億円で連携研究部門を立ち上げ

12月10日、東京大学メルカリは「価値交換工学」に関する共同研究の開始を発表した。東大インクルーシブ工学連携研究機構であるRIISEと、メルカリの研究開発組織mercari R4Dが産学連携の第1弾として共同研究契約を締結した。「価値交換工学」連携研究部門を2020年1月1日から5年計画で設置することを予定している。この研究経費は10億円だ。

RIISEでは「価値交換」に関わるテクノロジーを応用することで、フェアでスムーズな価値交換を世界中の人々が行うことができる社会の実現を目標としてきた。mercari R4Dは「テクノロジーの力で価値交換のあり方を変えていく」をコンセプトに、メルカリグループのサービス事業における未来のイノベーション創出を目指し、新しいテクノロジーを中心に研究・開発を行ってきたという。

mercari R4Dは、産学連携を通じて「価値交換」を学術的に研究してきた。この基礎技術を確立するとともに次世代の人材育成に役立てることも1つの目的であるとしている。さらに学術の推進と社会の発展に寄与することを目的とした「価値交換工学」連携研究部門を立ち上げることが決まっている。mercari R4Dは、今後も未来を見据えた先端技術領域に投資することも明らかにしている。

メルカリの関連記事はこちらから

株式会社アーリーワークス:総額7千万円の資金調達を実施

Previous LINE Pay:スーパーアプリ化へ進展/スマホ決済で銀行振込を開始
Next バイトダンス:AIの事業展開のために中国企業と合併会社を設立