東京都:「東京ユアコイン」へ新しい試みを試験的に開始


まとめ
東京都は独自ポイントである「東京ユアコイン」をキャッシュレス決済と環境保護対策の強化のために個人に与える取り組みを誌面的に開始する。ポイントはマイバッグを利用した買い物、クレジットカードなどのキャッシュレス決済などで得ることができる。

12月6日、キャッシュレス決済と環境保護対策の強化を目的に、東京都が「東京ユアコイン」という独自のポイントを個人に与える取り組みを試験的に開始するとNHKが報じた。

これは国連が掲げる「SDGs=持続可能な開発目標」とキャッシュレス化を同時に推進するための事業となっている。NHKの報道によれば、混雑する時間帯を避けて出勤する「オフピーク通勤」や、レジ袋の利用を避けてマイバックを使用した買い物、プラスチックごみの削減などを行った個人が、クレジットカードなどでキャッシュレス決済で支払うことを前提に、「東京ユアコイン」ポイントを与えることができるという。

「東京ユアコイン」を民間の決済サービスのポイントと交換できるようにし、早ければ2020年1〜2月には試験実施を予定ている。また、独自デジタル通貨発行も視野に入れていることも明らかになっている。大手町・丸の内・有楽町と東急電鉄沿線地域がこの試験実施の対象エリアに指定されている。

この事業の結果を踏まえ、東京都は独自のデジタル通貨の発行も検討していくと、NHKは報じている。東京都の報道担当者は、同事業についてのコメントは述べていない。

東京都の関連記事はこちらから

東大のブロックチェーン講座に技術協力を開始 / 株式会社Ginco

アララ、ブロックチェーン活用の「ありがとう」コインの実証実験結果を公表

Previous KT:チャイナ・モバイルとブロックチェーン事業を展開
Next アルゴランド・IMBR:共同で専用プラットフォームとトークンを公開