NTT西・室工大:ブロックチェーンで学歴証明書の研究開始


まとめ
NTT西と室工大は共同でブロックチェーン用いたデジタル学歴証明書に関する研究を行うことを開始した。共同研究は2020年3月末までとし、多種多様な就学・就労環境に対応する新しい自己証明基盤の実現を目標としている

12月2日、NTT西日本室蘭工業大学はブロックチェーン技術を使用した、デジタル証明書流通に関連する共同研究の取り組みに合意したことを公表した。共同研究の契約期間は、11月1日から2020年3月31日までとし、デジタル証明書の発行によって個人の学位や学歴等の信頼性を実証する。

今回の共同研究は、ブロックチェーン技術で「本人の意向によるデジタル証明書の開示/非開示の選択と自由な発行」の実現を目標にしている。各自の学位や学歴などのデジタル証明書を簡単に発行できる上、その信憑性を含んだ取り組みに承認する機関の証明に関しても考慮していく。多種多様な就学・就労環境に対する新しい自己証明基盤の実現を目指している。

室蘭工業大学は、公開体制でAIやブロックチェーンの適用が目的のデータサイエンスによるAIラボを創立し、知識の蓄積を促進した。それとは別に、NTT西日本は、学内のみでしか発行できなかった証明書をコンビニエンスストアで簡単に発行できる「証明書発行サービス」を進展させた功績を持つ。それゆえ、両者は双方の見識を用い、ブロックチェーン技術を活用したデジタル証明書の流通を実現する関連技術の設立を実施することになった。

共同研究は、学習者が再学習することにより様々なキャリアの蓄積が可能になり、欧州のEU一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)に準じた、各自の学位や学歴等を実証するシステムを作成していく。

紙の証明書の代わりとして、どこでも発行可能な国際標準の学位証明への対応と、発行者の運営形態にコントロールされずに、請求に対応して単位や学位を客観的に証明可能にする仕組み作りを目標としている。

さらに、EU一般データ保護規則に準ずるのは、その中心にある「基本的人権として個人データを各自が管理できる権利を認める」との考えを基準にしている。

証明書発行に関する記事はこちら

ブロックチェーン技術によりデジタル証明書を即時発行 / LasTrust

Previous EU財務相:リスク解決達成までFacebookの暗号資産リブラ認めず
Next 中国、深セン市:ブロックチェーン電子証明書「i深セン」の活用始める