EU財務相:リスク解決達成までFacebookの暗号資産リブラ認めず


まとめ
EU財務相はFacebookが作成している暗号資産Libra(リブラ)のような民間のデジタル通貨の発行許可をEU内で行わない方向性を示した。リブラは拠点をスイスに置いており、すでにリブラの阻止を明言しているEU加盟国もある。

12月5日、ロイターCNBCなどの海外メディアによると、欧州連合(EU)の財務相理事会はFacebookが検討する暗号資産Libra(リブラ)の様な民間のデジタル通貨に関して、リスクが完全に排除されるまでEU内での発行を許可しないと取り決めた。

財務相らは共同声明で、「法・規制・監視の課題とリスクが相応に扱われるまで、グローバルなステーブルコインの利用をEUで始めるべきではない」と語り、リブラのローンチに対して高いハードルを設けた。

加えて、EU財務相は範囲内での暗号資産とステーブルコインの規定の検討も明らかにした。

EUはリブラなどの民間ステーブルコインの脅威に立ち向かうと同時に、EUの中央銀行の欧州中央銀行(ECB)へ、顧客の利便性向上のため中央銀行のデジタル通貨(CBDC)発行の考慮を要求している。

会議に先んじて、ECBは技術革新が現金利用の減少と決済のあり方の変化を背景に、不十分な民間対応を行う場合には、CBDCを発行する必要があるとの資料をまとめた。また、デメリットも踏まえ注意深く検討する姿勢を表し、財務相らはECBの同取り組みも高評価を示した。

スイスに拠点を置くリブラ協会は、当初からEUはそのリスクを心配していた。特にドイツとフランスは「リブラを妨害する」と言い切り、団結体制を取っている。今月、フランスは2020年第1四半期に独自のデジタル通貨のテスト運用を行うことも発表した。

Libraに関する記事はこちら

ブロックチェーン戦略を閣議了承、リブラを阻止 / ドイツ政府

2019年ブロックチェーン業界の動向:リブラが大きく関係

Previous サザビーズ:スマートラズとの提携で高級不動産のトークン化を検討
Next NTT西・室工大:ブロックチェーンで学歴証明書の研究開始