ブロックチェーンロック社:ブロックチェーンで鍵管理を行うKEYVOX lockerを発売


まとめ
ブロックチェーンロック社はブロックチェーンで鍵管理を行うKEYVOXのロッカー型モデル、KEYVOX lockerを発売した。KEYVOX lockerは暗証番号、ICカードのほか、QRコードでも解錠、施錠可能だ。また、同社が提供する空間管理ソリューションと連携し空間レンタルビジネス等にも対応できるという。

11月30日、ブロックチェーンロック社はスマートロック製品などを展開する同社のブランド「KEYVOX」の新デバイスとなる「KEYVOX locker」の販売を開始した。スマートロックで宿泊施設などの空間管理業務の効率化を図るための「KEYVOX」サービスに、新たにロッカープラットフォームを付け加えた。

「KEYVOX locker」はICカードや暗証番号のほか、QRコードでも解錠・施錠ができるロッカーとなっている。KEYVOXアプリを使い、事前予約や決済も可能となり、鍵の受け渡しを行うことで宅配ボックスとしても利用することができる。同社の空間管理ソリューションと連動し、空間レンタルビジネス等にも対応できるロッカーソリューションと期待されている。

要望に対してソフトウェアで機能の追加や変更を行うことができるため、宅配ボックスや公共施設のコインロッカー・コワーキングスペースの月額会員用ロッカー・ホテルのスーツケース保管用ロッカーなど、幅広いロッカービジネスにわずかなカスタマイズ費用で対応可能ということが明らかになっている。ユーザーには既存のロッカーとは変わらないUIを提供するとしている。

Previous ツイッターCEO:分散型インターネット開発へ
Next アリペイ:アラブの決済企業と共同しブロックチェーンベースの国際送金プロジェクトを設立