マイクロソフト:80年代の人気ゲームをブロックチェーンで復活


まとめ
マイクロソフトはゲーム開発会社アイドスと協力し80年代のヒットゲーム「The Way of the Tiger」を復活させる。ゲーム内のアイテムや通貨の管理などににブロックチェーンが利用される。

マイクロソフトとゲーム開発会社であるアイドスRPGのフェイブルのチームが、ブロックチェーン技術を用いて1980年代のヒット作「The Way of the Tiger」を復活させる。

新作ゲームのタイトルは「Arean of Death」で、プレイヤーはオリジナル作品と同等のキャラクターやスキル、魔法を使用し、カードバトルをファンタジーの世界で行う。旧作・新作の作者であり、新作ではCEOを担うジェイミー・トムソン氏は、ブロックチェーン技術導入について「機は熟した。マジック・ザ・ギャザリングのプレーを想像して欲しいが、カードを有しているとき、現にカードは所有者に属する。または、我々がアイテムやスキルは100個限定と言えば、実際に100個限定だ。」と述べた。

新作では、ノンファンジブルトークンの素質を生かしている。ノンファンジブルトークンとは、1つ1つが特有の性質を持ち、代替不可能な特徴がある。「Arean of Death」は、ビーチェーン(VeChain)をベースにしている。

ゲーム内の資産トークン化は新たなトレンドであり、イーサリアム系のゲームでは、カードゲームの「ゴッズ・アンチェーンド」が人気沸騰中である。また、4日にザ・サンドボックスは、仮想現実スペースにある土地のプレセールを行う。

マイクロソフトに関する記事はこちら

日マイクロソフト、ラウンドテーブル開催:ブロックチェーン活用したソリューションの提供

日本マイクロソフト、MaaSの利用者リスク軽減をテーマにハッカソンを開催。新機能を検証

Previous ソフトバンク:ウォレットつきクレジットカードの発行を発表
Next インド人口最大の州:太陽光発電プロジェクトをブロックチェーンを用いた方法で開始