サザビーズ:スマートラズとの提携で高級不動産のトークン化を検討


まとめ
英サザビーズはブロックチェーン企業スマートラズと提携し高級不動産をトークン化することを検討していることを明らかにした。高級不動産の所有権を分割しトークン化する方針だ。高級不動産のトークン化は先月tZEROが着手するなど活発化している。

英オークション大手サザビーズ傘下のサザビーズ・インターナショナルリアリティが、高級不動産のトークン化を検討している。英ブロックチェーン企業のスマートランズとの提携の元で行われる。12月2日にスマートランズが発表している。

高級不動産の所有権を分割し、セキュリティトークンとして発行する可能性を調査していくという。

発表によれば、ギリシャの高級ヴィラとロンドンのペントハウスアパートメントの2つの高級不動産のトークン化に向けて、両社が準備を進めている。今年末までにプロジェクトの詳細を公表する予定となっている。

近年、高級不動産をトークン化する取り組みが相次いでいる。

10月、米オーバーストックのブロックチェーン子会社tZEROは英マンチェスターの高級不動産開発プロジェクトをトークン化する取り組みに着手すると発表していた。

また米ブロックチェーン企業のアセットブロックは9月、高級ホテル管理のロッジング・キャピタル・パートナーズ(LCP)と提携し、6,000万ドルの不動産をトークン化することを明らかにした。

tZEROの関連記事はこちらから

スタートアップ投資と見えてきた課題:米リサーチ会社投資レポートを発表、出資454件 総額16億ドル調達

映画製作の資金調達のため:tZEROがブロック・フリックスと提携

Previous 三菱UFJ・リクルート:デジタル通貨運営のための共同出資会社を設立予定
Next EU財務相:リスク解決達成までFacebookの暗号資産リブラ認めず