シスコ:5Gネットワークデータ保護のための特許取得


まとめ
シスコはブロックチェーンを活用し、5Gネットワークのデータを保護する方法に関する特許を取得した。この方法は物理的に同じインフラ上で独立した複数のバーチャルネットワークをより効率的に実行する。

ネットワーク機器大手のシスコは、ブロックチェーンを活用して5Gネットワークのデータを保護する方法に関する特許を取得した。

11月26日付の米特許商標庁(Patent and Trademark Office:USPTO)が明記した書類によると、シスコは2018年6月、ワイヤレス・ネットワークにネイティブに統合できるブロックチェーン・プラットフォームの特許を申請したという。

このブロックチェーン・プラットフォームは、電話やラップトップといった装置ユーザーとバーチャル・ネットワーク間にあるデータセッションの管理を目的としている。

つまりこの新しい技術はブロックチェーン・インターフェイスを通じ、ネットワークと接続されたデバイス間のデータやり取りの一部を管理することができるというものだ。

複数のバーチャル・ネットワーク管理を可能に

シスコは、ネットワーク・スライスをサポートするためにブロックチェーン・プラットフォームの利用方法を説明した。ネットワーク・スライスとは、同じ物理的インフラ上で複数の独立したバーチャル・ネットワークをより効率的に実行することができるインフラのことを意味している。

「このサービス志向のアーキテクチャは、共存するネットワーク・スライス上の他機能やサービスに影響を及ぼすことなく、それぞれのネットワーク・スライス内でソフトウエア・プログラムを通じ、個々のネットワーク機能とアプリケーションサービスの両方またはいずれか一方を実行できる独立した一連のプログラム可能なリソースを用いるネットワーク・スライスをサポートする」と書類に明記されている。

シスコは、ブロックチェーン技術とIoTのインテグレーションを追求している数多くのIT企業の1つだ。ボッシュバンク・オブ・ニューヨーク・メロンクロニクルドフィラメントといった企業は、商品やサービスの創出もしくはアップグレードするためにハイパーレジャーイーサリアムクォーラムを利用してきた。

ブロックチェーンを用い、AIを分散化

2019年9月、シスコはAIサービスを提供するシンギュラリティーネットと提携している。ブロックチェーン技術を通し、学習するコンピュータ能力が単一のソースに集中することを防ぐことによってAIシステムを分散化させることが可能になった。

さらにシスコは2018年3月の申請書類によると、ネットワーク内でのグループチャットのためにより安全な環境を生み出す別のブロックチェーン技術の開発にも取り組んでいるという。

 

シスコの関連記事はこちらから

Propy、不動産取引プラットフォームにブロックチェーン技術を活用 

サムスン支援下、ドバイブロックチェーン戦略により中東で事業開始を実現

Previous 北欧・ケニアの赤十字:独自通貨の開発/ブロックチェーンをアフリカ人道援助に活用 
Next ソフトバンク:ウォレットつきクレジットカードの発行を発表