SBI:10件以上のSTO実績を持つ米セキュリタイズへ出資


まとめ
国内での証券のデジタル化とSTOの実用化に向けた動きが本格化している。SBIインベストメントが、運営するSBI AI&Blockchainファンドを通じて出資を行うことが発表された。

11月27日、SBIホールディングスは証券のデジタル化プラットフォームを開発する米セキュリタイズ(Securitize)への資金調達を公表した。子会社であるSBIインベストメントが運営する、SBI AI&Blockchainファンドを用いて出資を行う。

10月、SBIは野村證券マネックス証券ら6社の証券会社と共同で日本STO協会を創設した。STO実用化を国内で目指す中、国外で既に多数の業績を持つセキュリタイズの協力が得られれば協会活動への強力な後押しとなる。

セキュリタイズはブロックチェーン技術を用いた、米国の証券デジタル化を目指すスタートアップ企業であり、不動産向けのプラットフォームや、証券トークンによる資金調達(STO)用のプラットフォームを開発している。8月に同社は米証券取引委員会(SEC)からの承認を得て、今までに10社以上のSTOの成功実績をもっている。

今回の資金調達は、9月にもセキュリタイズが行ったシリーズAラウンドの延長となる。以前までに、同社への出資に三菱UFJ野村ホールディングスKDDIなど多くの日本企業も参加しており、調達総額は3,000万ドルを超える。また、セキュリタイズは三菱UFJらの合弁会社「セキュリティトークン研究コンソーシアム」の成員でもある。

SBIに関する記事はこちら

SBIとNECの合同新企業:ブロックチェーンを使用したマネロン対策、FATA規制への対応を進める

SBIとZホールディングスが金融上での業務提携:暗号資産とブロックチェーン領域は「避けて通れないものであれば」

Previous TIS:医療費のキャッシュレス決済実験をスマートシティ会津若松で始める
Next ブロックチェーンの分散型IDによるタバコ・お酒の年齢確認