テレビ神奈川:「関内デビル」放送中にトークン配布という新しい取り組み


まとめ
テレビ神奈川「関内デビル」の12月放送中にトークンが配布される。デジタルコンテンツの情報を埋め込んだ音響透かしを流すことで、アプリがそれを検出し、番組視聴者が、アプリ上でデジタルコンテンツを受け取ることができる仕組みとなっている。

11月27日、博報堂が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」は、トークン化されたデジタルコンテンツをテレビ番組視聴者にリアルタイム配布できるスマートフォンアプリ「Card Hunter」を、ユナイテッドおよび原本社と共同開発したことを公表した。

また、アプリ「Card Hunter」を用いた技術検証を、12月にテレビ神奈川・博報堂DYメディアパートナーズ・エヴィクサー社と共同実施することも明らかにした。

「Card Hunter」は、ブロックチェーンの活用によりデジタルコンテンツを安全に管理することができる。またエヴィクサー社の音声認識技術を搭載することも決まっている。番組放送中にデジタルコンテンツの情報を埋め込んだ音響透かしを流すことで、アプリがそれを検出し、番組視聴者がアプリ上でデジタルコンテンツを受け取るというシステムである。

12月に実施する技術検証では、テレビ神奈川の音楽情報バラエティ「関内デビル」の番組内で、出演者の12種類のオリジナルトレーディングカード情報を埋め込んだ音響透かしを用い、12回にわたり放送することが決まっている。視聴者はアプリを通じ1回の放送で1種類のトレーディングカードを獲得し、最終的に全12種類を集めると、番組からオリジナルのプレゼントを受け取ることができるという

毎週月曜から金曜の23時30分から放送が行われている。各トレーディングカードの出る確率は、放送回ごとに異なる。獲得したトレーディングカードを、他人と交換することも可能になっている。スマホアプリは、iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playストアからそれぞれ無料でダウンロード可能である。

 

Previous HSBC:カストディプラットフォーム上で資産の追跡する計画を実装、私募の記録もデジタル化
Next IBM:ブロックチェーンを用い、泥棒ドローンを防ぐ特許を獲得