中国:ブロックチェーン技術の普及のため標準化委員会を設置


まとめ
中国の国家標準化管理委員会(SAC)がブロックチェーンの同会を設置したことが明らかになった。SACはさらにシェアリングエコノミーを含むいくつかの技術委員会の設立も発表しており、同国内の多岐にわたる分野のデジタル化の波が益々高まっている

中国の国家標準化管理委員会(SAC)がブロックチェーンの国家標準委員会をハイテク産業振興のために設置した。

11月20日、SACは技術委員会が「ハイテクイノベーション」をサポートし、「高いレベルでオープンであること」を進め、「高品質の開発」をリードするために秩序をもって進めている。

さらに、SACはシェアリングエコノミーを含めた技術委員会の設立も発表した。これらの技術委員会を通して標準化作業と経済開発を促進することを狙う。

国際標準化機構(ISO)によれば、SACは中国でのすべての標準化を監視している。

中国とブロックチェーンに関する記事はこちら

アリペイのブロックチェーンを中国の「時間銀行」に活用

中国・上海市:金融機関創設の国際貿易向けブロックチェーン連合参加

Previous 高級車ランボルギーニ:二次流通車承認プロセスに、セールスフォース独自のブロックチェーン採用
Next Visaリサーチ:ブロックチェーン活用の「LucidiTEE」を公開