高級車ランボルギーニ:二次流通車承認プロセスに、セールスフォース独自のブロックチェーン採用


まとめ
伊高級車「ランボルギーニ」は、ハイパーレジャー基盤のブロックチェーン技術を活用して、車両の追跡・認証・証明を行う。特に二次流通車の点検・サービス(車両の過去の履歴のチェックやすべての部品の修理履歴など)の効率化に向けて強化をはかる。

11月19日、顧客関係管理(CRM)で有名な米セールスフォースは、イタリアの高級スポーツカーブランドである「ランボルギーニ」が、二次流通車の点検・サービスプロセスの早急化を図るためにセールスフォース・ドットコムのブロックチェーンを使用し、車両の追跡・認証・証明を実施することを発表した。

今年5月、セールスフォースはハイパーレジャーに基づくブロックチェーンプラットフォームを始めた。ランボルギーニの二次流通車両の認可チェックのために、多くの当事者が参加するネットワークを作り出した。

本来、ランボルギーニの転売車は、イタリアのサンタガタボロネーゼにあるランボルギーニ本社に運ばれ、800~1000ヵ所のチェックが行われる。

このプロセスでは、ランボルギーニ側は技術者・オークションハウス・ディーラー・修理店と連携し、車両の過去の履歴の点検や全部品の修理履歴などを確認する必要がある。

今回、セールスフォースのブロックチェーンを取り入れたランボルギーニは、このプロセスの効率化を狙う。信頼できるネットワークを関係者間で築くことで、認証プロセスをデジタル化する。

ランボルギーニのアフターセールス責任者のパオロ・ガブリエル氏は「セールスフォースのブロックチェーンを活用することで、イノベーションを進展させ、従来信頼性証明のプロセスを今まで以上に高速化できる」と語った。

 

Previous エネルギー分野:ブロックチェーン市場が急成長
Next 中国:ブロックチェーン技術の普及のため標準化委員会を設置