LINE:開発者向けブロックチェーンプラットフォーム発表/AML・ KYC、ユーザー鍵管理を提供


まとめ
LINEは開発者向けプラットフォームである「LINE Blockchain Platform」を発表した。開発者向けにユーザ―鍵管理やアンチマネーロンダリグ(AML)/ 本人確認(KYC)のソリューションを今後提供していく。

11月20日に開催されたLINEの開発者向けカンファレンス「LINE Devloper Day 2019」の中で、LINEの暗号資産・ブロックチェーン子会社LVCの永井幸輔氏による「暗号資産と規制」についてのセッションで説明された。

公表された資料によると、ユーザ―鍵管理やアンチマネーロンダリグ(AML)/ 本人確認(KYC)のソリューションを開発者向けに提供する。

今回の開発者向けプラットフォームは来春の改正資金決済法施行を予想した動きであるとセッションに参入したniwatako氏はブログで述べた。

来春からウォレットサービスのような暗号資産カストディにも交換業のライセンスが必要になる。規制範囲などは、金融庁から未だガイドラインが示されていないが、暗号資産業界に膨大な影響を与えると予測されている。

そこで、イノベーションと規制の問題を解決するために、暗号資産交換業のライセンスを持つLVCがウォレットサービスやKYCソリューションを開発者向けに提供する。またプラットフォーム上で様々なトークンを作ることもできる。

LINEに関する記事はこちら

資本業務提携を発表、ブロックチェーン活用の金融サービス提供へ前進 / LINE, LVC, 野村HD

 

LINE株式会社、既存のブロックチェーン活用サービス停止へ:金融分野の拡大に向け方向転換

Previous ガートナー発表による2019年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10:ブロックチェーン・量子コンピューティング
Next マリファナに関する消費調査やレポート作成にブロックチェーンを活用