米国土安全保障省:カナダ企業と契約を結び、ブロックチェーンを使って石油を追跡


まとめ
アメリカ国土安全保障省はブロックチェーン技術を使って国境を超えた石油追跡プラットフォームを構築しようとしている。少なくともアメリカ-カナダ間の石油市場は巨大な輸入市場をターゲットにしていることから注目が集まっている。

アメリカ国土安全保障省(U.S. Department of Homeland Security:DHS)は国境を超えた石油追跡プラットフォームを築きあげるために、カナダのブロックチェーン企業「Mavennet」と契約を結んでいる。

契約は、DHSのサイエンス&テクノロジー総局かつDHSシリコンバレー・イノベーション・プログラム(SVIP)からの資金による18万2,700ドル(約2,000万円)によるもので、MavennetはDHSカスタム&ボーダー・プロテクション(CBP)部門がカナダ国境で使用する既存の石油追跡プラットフォームを改善する。

プロジェクトは国境を超えた膨大な輸入市場をターゲットにしており、政府のデータによれば、カナダにとってアメリカは最大の石油輸入国。2019年上半期、少なくとも1,200万バレルの原油が、1カ月あたりアメリカからカナダへ移動した。

だが、Mavennetがこのような広大な市場をカバーするには数年要してしまう。同社はこの初期資金を使用して、CBPのための概念実証のデモンストレーションを築いた。また、SVIPの第4フェーズと最終フェーズにおいて、最大2年間のデモンストレーションとパイロット・プログラムを継続する。

Mavennetのパトリック・マンディックCEOは、「2015年から同社はこの分野に取り組んでいる」と述べた。

例を挙げると、オンチェーンの天然ガスプラットフォームをトロント・モントリオール取引所(Toronto Montreal Exchange)に向けて開発した。同氏は、今回の国土安全保障省のプロジェクトは業界をより一層進展させると述べた。

同様に同氏は、「このプロジェクトは石油・ガス業界で強く要求されているデジタル・トランスフォーメーションをサポートする強力な中核であり、それは我々が求めている全体像である」と語った。

SVIPのテクニカル・ディレクター、アニル・ジョン氏は、「ウェブベースのID基準が進展を続けるなか、Mavennetプラットフォームの『デジタル監査可能性』は重要なものになる」と述べた。

ジョン氏は「CBPにとって大きな関心事は、アメリカとカナダ間のパイプラインと精製での石油の流れの証拠を的確に追跡し、石油輸入を正確な組成と原産国に紐付けることである」と語った。

ブロックチェーン分野でのSVIPの最新の取り組みとして、今回の投資は行われた。兼ねて、ブロックチェーンで保護されたカメラとセンサーを国境沿いに展開するため、R&Dに特化した資金から、テキサス州を拠点とするファクトム(Factom)に約20万ドル(2,170万円)を授与した。

Previous HSBCが検証トライアル:ブロックチェーン、債券市場を効率化可能か
Next TBS・丸井・三菱ら9社協力:みんな電力、卒FITの供給先の指名サービスを始める