近畿大学:学生が開発の事前決済サービスを学内のカフェに試験導入


まとめ
近畿大学は学生が開発した事前決済サービスを学内のカフェに試験導入し、期間限定で実証実験を行う。ブロックチェーンの活用により、注文間違いや履歴改ざんを防ぐことで昼食時の混雑緩和を目指すとしている。

近畿大学は、「ブロックチェーン研究プロジェクト」の一環として、学生が開発した事前決済サービスを学内のカフェに試験導入し、期間限定で実証実験を行うことを明らかにした。11月18日から22日までの5日間、モニター学生がサービスを利用し、昼休みの混雑緩和などに努める。さらにこのシステムにより、カフェの利便性向上やスタッフの負担軽減が実現できるのかを実証する。

ブロックチェーン研究プロジェクトでは、学生と企業の連携によるブロックチェーンの特性を生かしたサービスの開発を目指している。同実証実験は「昼休み中にキャンパス内のカフェや食堂にて行列が発生する」という課題解決のために、ブロックチェーン企業Opening Line社の技術サポートのもと、学生が「MOAP(Mobile Order And Pay)」というウェブサービスを開発した。

MOAPでは、利用者が事前にウェブにてカフェの注文をし、さらに決済をすることができる。商品の準備が完了するとスマートフォンに通知が届く。したがって利用者は並ばずに商品の受け取りが可能になる。また、ブロックチェーン活用により注文の間違いや改ざんを防ぐこともできるのだ。実証実験では、30人程度のモニター学生を募り、学内の「CNN Café」にて実際に同サービスを利用し、効果を検証することになっている。

近畿大学では、すでに9月にオープンした次世代型新食堂「DNS POWER CAFE」「THE CHARGING PIT&DINER」において、支払いの大半をキャッシュレス決済で行い、スマートフォンアプリによる事前オーダーを導入。また今回のサービスでは、新たにブロックチェーンを活用したシステムを使用している。

 

Previous アリペイのブロックチェーンを中国の「時間銀行」に活用
Next 京都大学:ブロックチェーンXRP Ledgerのノード運用開始を公表