アリババのジャック・マー前会長:「デジタル国家」と「非デジタル国家」に世界は分離する


まとめ
アリババの創業者で前会長のジャック・マー氏は、世界は今後「デジタル国家」と「非デジタル国家」に分かれる中でブロックチェーンの重要性は一層高まるとの考えを示した。全ての人がデジタル技術と向かい合わなければならない時代に突入していることにも言及している。

11月7日、アリババの創業者で前会長のジャック・マー氏はウクライナのハリコフ国立大学で講義を行い、後に世界は「デジタル国家」と「非デジタル国家」に分かれ、その中でブロックチェーンの重要性はより強まるとの意見を述べた。

マー氏は、「過去1世紀、国家は先進国と発展途上国に区分されていたが、将来はデジタル国家と非デジタルの区別になるであろう。IT技術と産業革命の恩恵をこうむる一部の国家のみが豊かになり、その他多数の国家は貧しいままである。」と語った。

学生たちには、「若者の成功への道はデジタル技術が利用可能になることがであり、技術を習得できなければ苦労するであろう。望もうが、望まないが、誰もがデジタル技術と向き合わなければならない時代である。」と述べた。

マー氏は、ブロックチェーン技術について「ブロックチェーンはプライバシーやセキュリティーの問題解決が可能である。ゆくゆくはより多くの問題解決が可能になるであろう。中国は長期にわたってこの技術開発に取り組んでいる。」と語った。

2018年5月、マー氏は「後の20年、社会はロボットAI・IoT・ブロックチェーンの三大技術に取り組む必要がある。」「ビットコインはバブルであるが、ブロックチェーンはバブルでも金鉱でもない。信用問題を解決する技術であり、一晩で利益をもたらしてくれるものではない。」と言い表し、ブロックチェーン技術の重要性を提唱し続けている。

Previous クリプトゲームス:ブロックチェーンカードゲームに特化した開発支援を開始
Next PwC:ブロックチェーンラボストリーを創立/グループ各国法人/ラボ実施の発信も