豪州パワーレッジャー:電力卸売業者と協力し、ブロックチェーンP2P電力取引を大規模展開


まとめ
豪パワーレッジャーは、ブロックチェーン技術を活用した電力直接取引(P2P電力取引)ソフトウェア「バーチャル・パワー・プラント(VPP)」を、豪電力卸売業者の商用製品に統合すると発表した。同社の技術により、同国における電力使用時期と料金を制御できるようになると期待されており、電力小売業者による隠れたコスト・料金を低減できるとしている。

11月7日、豪パワーレッジャーはブロックチェーン技術を使用した電力直接取引(P2P電力取引)ソフトウェア「バーチャル・パワー・プラント(VPP)」を、豪電力卸売業者パワークラブの製品に組み込むことを発表した。パワークラブの顧客は、太陽光発電機器・蓄電機器・VPPを分散型発電所として作用させ、電力需要の価格が高騰する時期に電力網・小売サービス向けの卸売電力価格で電力を販売することができる。

パワーレッジャーの技術により、オーストラリアの電力使用時期と料金の抑制、電力小売業者の隠れたコスト・料金を低減できることが期待されている。

パワーレッジャーの共同設立者兼会長のジェマ・グリーン氏は、ウーバーやオラ(インド・Ola)などライドシェアアプリがタクシー業界を変化させたように、これからの電力業界も分散化され民主化されると説明し、「エネルギーのコモディティ化において、大規模な電力会社は不必要である。」と語った。

今回の取り組みは、P2P電力取引初の大規模展開であり、契約は2019年9月に西オーストラリアで実施された、同社初のP2P電力取引テストから続くものである。

2019年8月、パワーレッジャーと関西電力(KEPCO)は共同でブロックチェーンベースの電力売買取引プラットフォームの実証実験を行なったことを公言した。

パワーレッジャーに関する記事はこちら

余剰電力の売買テストに成果 / パワーレッジャー社、関西電力

オーストリア電力会社、P2Pエネルギー取引にブロックチェーンを活用

Previous チュニジア中銀:ロシアのスタートアップの支援によりデジタル通貨発行計画
Next オランダ警察:Komodore64の創業者を詐欺容疑で逮捕