チュニジア中銀:ロシアのスタートアップの支援によりデジタル通貨発行計画


まとめ
北アフリカのチュニジアの中央銀行は、デジタル通貨「eディナール」を発行する計画を明らかにした。ロシアのスタートアップ企業「ユニバーサ(Universa)」がサポートする「Universa Blockchain」上でデジタル通貨を発行、管理を行うとしている。

11月7日、ロシアのタス通信によると、北アフリカのチュニジアの中央銀行は、デジタル通貨である「eディナール」の発行計画を明白にした。

報道によれば、チュニジア中銀は法定通貨ディナールのデジタル化を始め、ロシアのスタートアップ「ユニバーサ(Universa)」の支援の下、「Universa Blockchain」上でCBDCを発行する。

ユニバーサのアレクサンダー・ボロディッチCEOは、デジタル通貨の特長は安い発行費用と透明性であると示し、

「デジタル紙幣は偽造不可能であり、紙幣が透かしを印刷されるように、デジタル紙幣は暗号化で保護される。また生産コストも紙幣よりも100倍安くなる。」と述べた。

さらに、チュニジアは新しい通貨を今後発行しない。その代替として準備金の一部がユニバーサプラットフォームに移され、今までのお金を国民はeディナールと交換できるようになる。

 

Previous ヴィチェーン財団:食品・飲料業界向け追跡システム「フードゲート」を発表
Next 豪州パワーレッジャー:電力卸売業者と協力し、ブロックチェーンP2P電力取引を大規模展開