テックビューロHD・HealthCareGate:オンライン医療ソリューション「楽医」の開発開始を発表


まとめ
テックビューロHDとHealthCareGate(ヘルスケアゲート)は、オンライン医療ソリューション「楽医」の開発開始を発表した。医療の見える化や医療機関の業務環境改善に焦点を当てている。処方箋にひも付く個人情報の保護や診療録管理、薬歴管理など、医師、薬剤師の技術向上・働く環境改善に寄与するプロジェクトとなっている。

11月7日、テックビューロホールディングスHealthCareGateは同社の自社プライベートブロックチェーン製品「mijin Catapult (v.2)」を活用したオンライン医療ソリューション構築に向けた共同開発プロジェクトを開始した。新ソリューションにより、処方箋にひも付く個人情報の保護や診療録管理、薬歴管理など、医師や薬剤師の技術向上・働く環境改善に寄与していくという。

HealthCareGateは、医療の見える化や患者と医療従事者双方の負担軽減、医療従事者の働く環境改革を目的としたオンライン医療ソリューション「楽医」開発プロジェクトを発足している。テックビューロHDは同プロジェクトに参画し、管理情報より慢性期疾患を患う患者の2次予防サポートや複数科を受診する患者の多剤重複服用や残薬問題などの課題解決に取り組むことを目標としている。さらに医療費削減、国民の健康増進も視野に入れているということだ。

同プロジェクトでは、第1弾として、まずはオンライン診療分野における新ソリューション「楽医」を提供する。受診から薬の受け取りまでの一連の流れをタブレット端末等でサポートすることになっている。ブロックチェーンの特性を活かし、診療録管理・薬歴管理・医薬品の流通経路・残薬確認・薬剤師による服薬指導実績等を記録管理する。さらに過剰な処方や重複投与等を防いでいく目的も持ち合わせている。

「楽医」を活用し治療の継続を“楽”にすることで、様々な理由で通院しづらかった患者の病気を放置することのない環境作りを目指すということだ。

Previous 三菱 UFJフィナンシャル・グループ:新しいサービス「プログマ」を開発
Next 国連報告書:北朝鮮、ブロックチェーン企業を使用しマネーロンダリング実施