中国・上海市:金融機関創設の国際貿易向けブロックチェーン連合参加


まとめ
中国では、国全体でブロックチェーンに対する取組を強化している。上海市でも、金融機関が創設する国際貿易向けブロックチェーン連合に参加する意向を示した。しばらくは中国の技術進捗に目が話せないだろう。

11月7日、グローバル・タイムズによると、中国・上海市は、金融機関が創立した国際貿易向けブロックチェーン連合に参加することが明らかになった。

同日開催された中国国際輸入エキスポ(CIIE)で、同ブロックチェーン連合に上海市の商業委員会・関税当局・中国人民銀行・交通銀行などが署名した。

浙江大学の情報科学電子技術カレッジのチェン・フイファン教授は、「ブロックチェーンは兼ねてから中国の多くの貿易エリアで導入されており、同技術は情報の信頼度の強化、通関手続きの効率化、コスト削減、そして貿易を促進する」と語った。

上海の関税当局の担当者は、このブロックチェーン連合は「関税における最初のブロックチェーンプロジェクト」で、CIIE初となるサービスプロジェクトと強調した。新しく公開された、1つの窓口で完結可能なクロスボーダーの中国元の貿易金融サービスへ、処理過程のデータ不安定さを改善するためにブロックチェーンを導入した。

10月に中国・南寧(ナンネイ)市でブロックチェーンシステムのテストが、クロスボーダーの金融サービス向けに施された。

中国建設銀行、上海支店のバイスディレクターは、「中国ではブロックチェーン技術はまだ試験段階であり、金融分野においては分散的に順応されている。しかし政府の後押しにより、さらなる複雑な場面でのブロックチェーン導入も可能になる」と語った。

中国とブロックチェーンに関する記事はこちら

中国浙江省紹興市:裁判でブロックチェーンを初導入

IDC:中国ブロックチェーン市場の急成長を発表

Previous イギリス大手銀行スタンダード・チャータード:イーサリアム企業連合(EEA)に加盟
Next 三菱 UFJフィナンシャル・グループ:新しいサービス「プログマ」を開発