マルタ企業のDLT開発サポート:マルタ政府系機関とドイツテレコムのブロックチェーン子会社が連携


まとめ
マルタ政府系機関マルタ・エンタプライズは、ドイツテレコムGのTシステムズ(T-Systems)との提携が明らかとなった。ブロックチェーン事業を展開する同社がETHの「ハイパーレジャー」およびR3の「コルダ」の開発やテストプロジェクト向けのプロジェクト監査や検証サービスの支援をマルタ国内の企業へ提供していくとしている。

10月30日、ドイツテレコムの発表によると、マルタ共和国の政府系機関で、民間企業のビジネス開発を支援するマルタ・エンタプライズは、欧州最大の通信企業の1つであるドイツテレコムのブロックチェーンサービスの子会社Tシステムズ(T-Systems)と提携した。

先月末にドイツテレコムは、ブロックチェーン・エコシステム(GBE)を公表した。Tシステムズ初のパートナーとしてマルタ・エンタプライズは、GBEにアクセスする。GBEではブロックチェーン開発を促すツールが使用可能である。

今回の提携においてはマルタに進展する企業へ、Tシステムズがイーサリアムの「ハイパーレッジャー」かつR3の「コルダ」の開発、テストプロジェクト向けのプロジェクト監査や検証サービスのサポートも提供している。

Tシステムズは、「マルタの企業は早急にブロックチェーンサービスの展開が可能になる」と語った。

マルタ・エンタプライズのカート・ファルジアCEOは「Tシステムズとの連携は、以前構築されたブロックチェーンエコシステムに更なる価値を増やす一方で、他の規制地域にいっそうの競争力を生み出してくれる。(中略)TシステムズのGBEサービスを使用する企業は、彼らのプロジェクトにマルタ・デジタル・イノベーション・オーソリティによる実証を得ることになる」と述べた。

マルタは「ブロックチェーン・アイランド」と示し、グローバルなブロックチェーンハブとして位置付けをし、暗号資産ビジネスを引き付けようとしている。

先日、マルタ金融サービス局(MFSA)は、34件の同国の仮想金融資産法(VFA)に基づいたライセンスの申請があり、そのうち21件が暗号資産取引所からであると公表している。

Previous ソフトバンク:紺野氏がビットフューリー日本代表に就任
Next 現実とのひも付け問題:サプライチェーンで問われる