インド国防相:次世代の戦争にブロックチェーンが必須


まとめ
インド政府は、ブロックチェーン技術を国の成長に繋がる重要なステップと位置付けている。インドはあらゆる分野でブロックチェーンに熱意を示している。特に中央銀行が2017年にデジタルルピ―の開発を検討していることも明らかにしている。

インドの国防相は、ブロックチェーン技術は現代の戦争の、さらなるステップであると考えている。

The Times of Indiaによると、2020年2月に同国で開かれる「DefExpo 2020」に先立って、ラージナート・シン国防相は、80国以上の使節との会談でブロックチェーン・AI(人工知能)・ビッグデータは次世代の戦争に必要不可欠であると述べた。

以前に、AI・ビッグデータ・ブロックチェーン技術の役割は、現在の戦争パラダイムに変革を引き起こした。防衛産業はこれらの技術に対処し、導入するための大改革を経験を経て、重大なインフラの安全性とセキュリティの保持を試みている。

シン国防相は、「戦争が空陸海での戦いからサイバー空間と宇宙に移行するにつれ、諸国はこれらの技術開発を強いられている」と語った。

また、同相は「不足の事態への備えのみならず、複数のソースからの恐怖を追い払うこと、必要に応じて積極的な対処能力を有することが現在の課題である」と述べた。

インドは他の領域でもブロックチェーンに熱意を表しており、2017年に中央銀行はデジタルルピ―の開発を考慮していると伝えられた。後に、専用のブロックチェーン部門を創設したと噂されたが、当時は否定されていた。

他国も防衛システムの支援ツールとしてブロックチェーンを思慮しており、例えば、2019年7月、米国防総省はブロックチェーンを基盤としたサイバーセキュリティーシールドの開発の検討を行なっていると語った。

Previous 大手コンサル、マッキンゼーのアドバイザー、「ブロックチェーンによりロンドンの金融街・シティが壊滅」
Next ブロックチェーン修士号:獲得ならマルタ島へ