ソフトバンク:紺野氏がビットフューリー日本代表に就任


まとめ
ソフトバンクGのスプリントやアーム買収に寄与した紺野氏がブロックチェーンやAIなどの開発を行うオランダ企業「ビットフューリー」(Bitfury Group)の日本代表に就任した。同社は日本を高性能コンピューティングなどの最先端テクノロジーにおける重要な成長市場と位置付けている。

ソフトバンクグループの超大型買収案件を手がけてきた紺野勝弥氏が10月31日付けで、ブロックチェーンやAIなどの開発を行うオランダ企業の「ビットフューリー」の日本代表に就任したことが明らかになった。紺野氏はアジアにおける政府や企業、個人顧客向けのソリューション開発を加速させる考えがある。

スプリント・アーム買収への貢献

紺野氏は、約8年間にわたりソフトバンクで勤務し、米スプリントの買収や半導体設計大手アームホールディングスの買収のための資金調達やベンチャー投資などに携わってきた。その後、2016年10月に暗号通貨・フィンテック企業のQuoineに入社。その後、同氏はQuoineが提供する暗号通貨取引所「Liquid by Quoine」を統括してきた。

ビットフューリーではブロックチェーン技術やAI、デジタル通貨領域におけるグローバル化を進めている。同社はビットコイン・ブロックチェーン向けのセキュリティ・インフラを提供する企業でもあるのはよく知られている。

ビットフューリーのCEO兼共同創業者のヴァレリー・ヴァヴィロフ氏は、「日本はもっとも革新的な社会を形成しており、ブロックチェーンやAI、高性能コンピューティングなどの最先端テクノロジーにおける重要な成長市場となっている」と述べた上で、「紺野氏とともに新しい顧客関係を構築し、企業がより安全かつ効率的に事業を運営するために必要となる製品を設計していくことに期待している」と付け加えた。

ソフトバンクの関連記事はこちらから

ソフトバンクなど通信事業者、ブロックチェーン技術を利用した新しいワーキンググループ発足

ソフトバンク:ブロックチェーンを活用しキャリア間決済システム導入

Previous 中国人民銀行:貿易金融プラットフォームの取引額が約750億元超えに
Next マルタ企業のDLT開発サポート:マルタ政府系機関とドイツテレコムのブロックチェーン子会社が連携